アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2396日連続更新中】

 1月8日の中日新聞の生活面に、この記事が載っていました。

 事例は、1968年に入居が始まったマンションですから、築45年。

 自主管理のマンションなので、役員の仕事は多いが、高齢化が進み、役員の成り手がどんどん少なくなっている状況。
 
 かといって、今から管理会社に委託を行うと、毎月の管理費が2倍になる試算だと言う。

 試しに、管理会社からの見積もりを取ってみられたのでしょうが、2倍では、住民の理解が得られにくいでしょうね。

 専門家の指導のもと、管理業務を最適化した上で、従来の延長で良いものと管理会社に委託した方が良いものとをきちんと仕分けして、適正な競争を図れば、2倍にはならないと思います。

 いずれにしても、年数が経つと、「建物の老い」「住民の老い」と言う二つの「老い」に、どう対応するか?が過大になるのが、分譲マンションの宿命ですから、できる限り早い時期に、管理の見直しをされて、住民の意識を変え、財政を豊かにして、対応力を付けておくことが望ましいですね。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック