アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2387日連続更新中】

 毎年恒例の十大ニュースの発表。

1、 電子書籍の発刊(2冊同時)
 今年春、2冊同時にアマゾンキンドルでマンション管理組合向け指南書シリーズを発刊しました。シリーズものを年間10冊出すぞ1と言う目標でしたが、それは、来年に持ち越し。

2、 マンション管理学校で、2年連続の3講座担当
 毎年2~3月にかけて行われるマンション管理フェア(愛知県等が主催)のマンション管理学校で、2年連続して3講座を受け持ちました。テーマは、管理委託契約の見直し、大規模修繕のコストダウン、電気代の削減です。来年も、3講座を担当することが決まっています。

3、 コンサルティグ案件が三重県まで拡大
 これまで、地元の岐阜で口コミによるコンサルティング依頼物件が多かったのですが、今年は、三重県四日市市のマンションからも依頼があり、名実ともに、中部エリア(愛知・三重・岐阜)がサービス提供範囲と言えるようになりました。

4、 管理費のコスト削減率、記録更新
 新築時の管理委託費の設定が元々高いかどうかにもよるので、スポーツ選手の記録更新と性格が異なりますが、今年は、ついに削減率50%を超えるケースが出ました。もちろん、管理業務の仕様品質は、従来より20%以上アップさせての結果です。

5、 一棟丸ごとリノベ―ションマンションで、日本初の「マンション管理士顧問付き」「高圧一括受電導入」(省エネ顧問付き)を導入
 名古屋市で今年春に1棟丸ごとリノベーションマンションとして販売されたマンションでは、建物のサスティナブルだけではなく、管理もサスティナブルに1と言う企画から、「マンション管理士顧問付き」「高圧一括受電導入」(省エネ顧問付き)を導入。分譲時から、マンション管理士の顧問が付いているマンションは、日本初だと思います。
分譲時から9か月経ちますが、「顧問がいて良かった」と理事会の皆さんから言葉をいただています。

6、 2つのマンションで共同入札実施。恐らく、これも日本初?
 車で5分程度のマンションで、偶然、同時期に管理見直しコンサルティングの依頼があり、2棟が共同して、管理会社の入札を行えないかを打診。多くのリスクを抱えながらも、無事に完遂。管理会社は、2棟同時に受託できることから、大きなコスト削減ができました。恐らく、こう言う手法で成功したのも、日本初では?

7、 コサンルティンが成功し過ぎて、痛恨の想い
 実は、前記6のマンションで、削減額が大きすぎで、当社へのコンサルティング報酬が高額になった結果、いざ、報酬を請求する段になって、理事会や管理検討委員から、住民への説明が難しいと言う発言が出てきました。更には、2棟一緒にやったのだから、その分、私の仕事が楽だったはずだ!などの意見も。
 実際には、2棟共同しての入札の方が、ずっと大変ですが、他のコンサルタントとの比較ができるわけではないので、当社の価値を理解していただくことが、難しいのです。
 お金の話で意見が合わないと、ぎくしゃくします。価値ある仕事に対して、価値を認めてもらい、それにふさわしい報酬を頂くと言うことは、簡単ではないと身に染みました。しかし、そのおかげで、それ以降のコンサルティングでは、その反省を活かすことができました。
 
8、 本当に「行列のできる相談所」になった!?
 夏以降、相談が相次ぎ、複数のマンションのコンサルティング+顧問業務のため、通常ならば、2週間程度で作成する「管理費・修繕積立金適正診断」が1カ月以上待ちの状態になり、それに基づく勉強会も、2か月先でないと予定が空いていないと言う状況。正に、「行列のできる相談所」となりました。今も、その状況は変わっていません。

9、 世界遺産「奥州平泉の旅」に酔いしれる
 教科書の世界だった奥州平泉に旅行。中尊寺の金色堂を訪ねたり、日本3景の松島の群島を巡る観光船に乗る等、歴史と風景を楽しみました。それにしても、松島の牡蠣のおいしいこと!生ガキ・カキフライ・焼き牡蠣の3種盛り(?)を堪能しました。

10、 20年来の在日アメリカ人の親友が日本を離れる
 電力会社時代に、アメリカへ留学派遣された時に英語の先生だったのが、当時、ECCにいたジョン。その時は、プライベートでも遊びに行き、英語を学んだことで、かなり上達しました。帰国後は、彼の独立起業や住居探しを助けたこともあり、正に「親友」。そのジョンが、日本を離れ、サイパンに移住することに。

(番外編)
1、大阪で仕事をした時に、年間200日も泊まったラマダホテルが12月末に閉館。思い出が走馬灯のように巡ります。
2、ビジネスが順調に拡大すると、それに伴い、公私ともに、新しい出会いが増えていきます。一つ一つの出会いが、すべて、人生の重大ニュースです。


今年一年、本当に良い仕事、良いクライアント、仲間に恵まれ、幸せでした。
そして、その期待と家族の応援とで、楽しくワクワクしながら、充実した1年を過ごすことができました。

心から感謝申し上げます。

皆様、良いお年を!

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック