アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2334日連続更新中】

 管理委託契約見直し中のマンションの話です。

 その管理委託契約書には、照明の点灯点検時に不点(球切れ)が見つかった場合、「管球の交換の際の管球代について実費を管理組合に請求する」と書いてあります。

 点検(交換)に関する人件費は、毎月の委託費の中の管理員業務費や設備点検費に含まれているけれども、蛍光管や電球の費用は、別途請求するということであり、これは、当然だと思います。

 しかし、この電球の料金は、いくらか知っていますか?と聞くと、管理会社から「在庫がなくなりそうなので、買い増ししておきました」と事後報告があるだけで、価格は見てもスル―しているのが実情だと言う。

 そこで、「ホントに実費かどうか確認した方が良いですよ」とアドバイスしたところ、管理会社の請求金額は、メーカーの定価。

 あまりに高いので、理事長自ら、ネットで注文して、送料無料で届けてもらったら、次のような結果になったと言うことです。

FML55EX-Nパナソニック
管理会社の価格 2,600円×2=5,200円
ネット購入価格 1,470(円) x 2= 2,940円(管理会社価格×57%)

FDL18EX-L(5本入×@530)東芝
管理会社の価格 1,680×5=8400
ネット購入価格 2,782(5本セット)= 2,782円(管理会社価格×33%)

合計額                        
管理会社の価格 13,600円
ネット購入価格  5,722円(管理会社価格×42%)

調べてみてわかったのは、管理会社の実費とは、メーカーの小売価格だったと言うことでした。

この価格を元に、過去10年間の管理会社に支払った電球購入履歴を調べて、その価格に42%を掛けたところ、

管理会社の価格 282,820円
ネット購入価格 118,992円

なんと、差額は、162,828円。

このマンションは、20戸程度の小さなマンションですから、これが、100戸のマンションになれば、単純比例で、100万円近い費用になります。

管理会社に問いただしたところ、
「通常業務での交換以外に、住民から急に言われて、契約条項にないタイミングで交換していることもある。そう言う費用も含めた実費だ!」と言う回答。

組合側はこの回答では納得できず、「実費だと言うなら、計算根拠を出して欲しい。まずは、仕入れ値がいくらか出して欲しい」と要求したところ、1か月程度待たせたあと、「内部文書だから、出せない」と言う返事。

この管理会社、「ごめんなさい」と謝る方が、住民の心証が良くなると思うのですが・・・。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック