アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2327日連続更新中】

 私が昔、勤めていた電力会社は、「お客様を集める・増やす」と言うことが100%不要な会社でした。

今から考えると、営業不要なんて言うのは、何と楽なことか!(笑)

 ただ、その中でも、「オール電化住宅を広める」と言う仕事に就いた時、主に新築住宅でガス使用が当たり前の時代に、電気給湯器と電気調理器とを採用してもらうと言う「営業の仕事」に初めて踏み込みました。

 とはいえ、そこは、ビッグネームの会社ですから、三菱・松下・日立・東芝・ダイキン等と言う住宅設備の大手メーカーを束ねて、商品開発や販売促進活動を行う一方、大手ハウスメーカーに、住宅提案時にオール電化を標準採用してもらうよう働き掛けました。

 これ、「営業」と言っても、「殿様営業」(笑)なのですが、当時の感覚では、他の社員に比べ、随分「ナマの市場」にいるなぁと思っていました。

 そこから、社内ベンチャーで起業した時に、「中電ブランド」を上手に活用したビジネスを行ったつもりでしたが、電気を売る中電のブランドは、それ以外の商品やサービスを売る時に、ダイレクトには活かせないと言う現実に直面し、随分、苦労しました。

 当時は、「何故、お客様が集まらないのか?」が良くわかりませんでした。
 そうですよね。ベンチャーと言っても、まだまだ大企業の感覚が抜けきらないですから。

 そこから、マーケッティングや消費者心理について、徹底的に学び、やがては、他の電力会社のオール電化普及活動や工務店の営業コンサルティングまでできるようになりましたが、時代と共に、消費者の購買行動は変わって行くし、メディアも変わって行きます。

 その最たるものは、「ネット集客」の世界です。

 メルマガ・ブログ・ミクシー・ツイッター・SNS・・・

 しかし、どれにしても、顧客のハートをノックしなければ、次の行動を促しませんし、情報がたやすく手に入る時代ですから、最後は、多くの選択肢の中から「ホンモノ」として選ばれなければ、ビジネスになりません。

 従って、当社のような小規模な事業者やコンサルタントは、常にプレイングマネージャーとして、「マーケッティング」と「ホンモノであり続ける実ビジネス」の両方をブラッシュアップしなければ、ビジネスは拡大しません。

 おかげさまで、私一人のビジネスなら、この先、心配ないくらい、口コミだけで、行列いただける状態ですが、目標は「マンションに住む人、すべてのしあわせ実現」ですから、どんどん、コンサルタントを養成し、サービス提供を拡大していかないと、それは実現できません。

 そのためには、企業としての「仕組み」が大切です。

 この週末は、そのための「マーケッティングと集客」について、インターネットビジネスでは著名な講師の講演会に参加して、学んできます。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック