アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2302日連続更新中】

 管理会社から3か月後の日付で解約通知を受けたマンションで、急ぎ、次の管理会社を選ぶ仕事が、突発的に入ってきました。

 マンションでは、理事会→総会と言う手続きが必要なのですが、今回、管理会社から事前の打診がなく解約通知が送られたため、マンション側が次の管理会社探しに動き出せるのは、実質的に2か月とちょっとです。

 当社のコンサルティグ契約では、そのマンションに最適な管理仕様書の作成に3か月、入札に3か月以上はかけるため、当然、この期間ではそれができません。

そこで、委託契約内容や住民への聞き取り等や従来の管理仕様書から必要最小限の改善した仕様書を元に、約半年間の契約期間限定で入札を呼びかけ、その間に、通常のプロセスでの本格的な管理見直しを行うことにしました。

 従来の当社の細かい、かつマンションごとにオリジナルの見積りとは違い、どの管理会社でも使用している「標準管理委託契約書」に準拠することにするので、管理会社にとっては、慣れている分、対応しやすいでしょうが、だからと言って、書類を渡して、あとはどうぞ!と言うことでは、良い見積もりも管理も実現できません。

 当社の仕事としては、通常の業務に比べれば、仕様書作成にかかる手間は軽減されるものの、業務フローとしては、「仕様書作成→見積り依頼→エントリー管理→現地調査→見積り比較表作成→書類審査とプレゼン審査→重要事項説明→契約書の締結」と言うコンサルティング業務の流れは変わらず、その流れを半年間の間に、2度行うことになるため、かなりの負荷が掛かります。

 コンサルティング料金は、1回分です。(笑)

 会社としては、こう言う「レアケースの得難い体験」と言う位置づけ。
 そして、顧客の幸せのために徹底的に尽くす姿勢を貫きたいというポリシー。

 住民の中には、現管理会社を支持している人もいらっしゃる訳で、こんな混乱が起きたことに対して、不安に思う人もいるようですが、「雨降って地固まる」となり、結果を喜んでいただけるよう、尽力します。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック