アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2288日連続更新中】

 管理の見直しを開始したマンションで、管理会社から、一方的に「管理委託契約」の解除通知が送られてきたため、3か月後から、どうするのかを議論する総会が開催されました。

管理の見直しのために、管理委託業務仕様書を作成するには、順調に行って、3か月程度は必要で、今までと大幅に仕様を変えるために、慎重に検討するのであれば、もっとかかります。

そこから、入札を開始し、現地調査会や個別ヒアリング、書類審査、プレゼン審査を行うのに、3月程度かかりますから、選択できる手段は、次のどれかでしょう。

1、管理会社を決めるために、当初予定通りの手順を踏む場合は、新会社が決まるまで、自主管理を行う。
この場合、現在の管理会社の下請け会社を紹介してもらい、組合と直接契約することができれば良いのですが、それは管理会社から、拒否されましたので、個別の業者と契約するか、「ビル管理会社」と契約すると言う方法。

2、一旦、別の管理会社と数カ月間の契約をして、その間に、当初予定通りの入札を行う。

3、3か月以内に、次の管理会社を決めてしまう。

 いずれも、一長一短あるので、どれがベストとは言えませんが、上記のどれでも、マンションの住民が困らない方法なので、皆さんの希望により決まり次第、急ぎ具体的なアクションを起こし、一日でも早く次の管理会社を決めることが重要です。

 一方、住民の中には、「何故、現管理会社が解約通知を送ってきたのか、疑問に思う方もいます。

その人にとっては、現管理会社が、そう言った強硬手段を取るのは、理事会、あるいはコンサルタントの進め方がおかしかったのではないか?と言う疑念が湧くのは、不思議ではありません。

また、そんな事態になること自体、不安感が大きくなることも、自然の感情でしょう。

 と言うことで、今まで総会にほとんど参加したことのない人が、総会に参加され、激論が3時間。

 結論としては、不安の大きな住民の気持ちに配慮した折衷案。

 どの管理会社が良いか?と言うのは、手段の選択です。

 目的は、このマンションの管理がより良く、より安く実現できること。

 その目的を達成するために、最適な管理会社を選ぶことが大切なのです。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック