アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2262日連続更新中】

 昨夜、岐阜県内の30戸台のマンションで、新規コンサルティングの契約書に調印いただきました。

実は、このマンション、総会決議を頂いたいのは1ヶ月以上前です。

管理見直し→管理費のコストダウンとなるのですが、当社のコンサルティングは、現状の調査からマンションに最適な仕様書作成まで、じっくり3か月以上に渡って取り組むので、できる限り早く着手するよう依頼されます。

こちらのマンションでも、理事長から電話があり、早々に第1回の理事会を要請されました。

ところが、その後に、
 「今の管理会社で、問題がないのに、なぜ変えるのか?」
と言う一部住民の方から、理事会に対して、異議申し立てがありました。

理事会では、
「総会決議に至るまでに何度か勉強会を行い、資料も配布し、最終的に多数決で決まったことなので・・・」と説明したそうですが、反対する数人の中には、いずれにも出席していない人もいて、話がかみ合わない・・・。

管理委託契約の見直しは、管理会社の変更が前提ではないのですが、中には、「マンション管理士=他の管理会社の営業」だと思っていた人もいるそうです。

うーん、当社の仕事は、まだまだ世に知られていないとは言え、ここまでズレるとは・・・。

そこで、その人たちに理事会に出席してもらい、管理の基礎知識から、当社の過去のコンサルティング実例まで、説明をしました。

その結果、特段の反対のご意見なく、理解いただけたようで、無事、契約書の調印となりました。

いつもは、マンション管理とは・・・を理論的に説明するのですが、昨夜は、買い物やカフェの注文になぞる新しいプレゼン資料を準備して、説明したことが良かったのかもしれません。

こうして、様々な視点から、様々な人から、反対意見いただくたびに、新しいプレゼン資料が増えていくのも、財産です。ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック