アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2256日連続更新中】

 築10年過ぎ、40戸強のマンションから管理委託契約の見直し、大規模修繕工事準備、共用部火災保険の見直し、電気料金見直しの4つの項目で、コンサルティング契約を締結するための臨時総会が、週末に開かれ、おかげさまで、満場一致の賛成で承認を頂きました。

 これまで、住民全体に向けて、建物を一緒に簡易診断して、結果の説明を行う勉強会、管理委託契約に関する勉強会、理事会での保険に関する勉強会等、3か月の助走期間を経ての臨時総会でしたので、総会に初めて出席する皆さんにも、事前にこのマンションの「問題のある」状況をわかっていただいていた故に、熱心な質問もありました。

 また、総会終了後には、個別の相談もあり、このマンションの管理の問題点は、更に浮き彫りになりました。

 実は、このマンションは、既に、似たようなコンサルティグを実施している他のマンションと同じ管理会社です。

 管理会社の管理品質は、管理会社の担当者によって左右されることが多いのですが、その担当者への教育や会社のバックアップ体制は、共通していますから、問題のいくつかも共通しています。

 近々に、管理会社にお邪魔し、まずは、良い意味でこの担当者と上席者に、仁義を切ります。

 「管理会社を変えることありき」ではなく、今すぐにでも、改善できることは、改善してもらい、このマンションにとって、ジャストフィットな管理仕様を作ることが大切なので、管理会社の協力は欠かせません。
 
 確かに、現管理会社の評判は、よくありませんが、この改善への努力や協力の姿勢が評価されれば、やがて実施される競争入札においても、新管理会社候補として、アドバンテージを持つことができるのは、「現管理会社であることの強み」です。

 総会では、現理事会に加えて、管理検討委員を募集しましたが、その場で立候補を複数いただけて、あらためてアンケートで募集する必要もなくなり、早期に着手できるのも、ありがたい話です。

 これから、約1年間、沢山の問題をきちんと解決するために、尽力したいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック