アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2249日連続更新中】

  あるマンションで、管理室の天井に漏水跡がありました。

 その漏水個所の調査を行うために、天井の壁紙をめくったのですが、恐らく、管理室の上の屋根からの雨漏りであろうとの類推。

 散水試験をしても、漏水は再現できません。

 目視すると、端部のシールが弱くなっているところがあり、そこから雨水が侵入したと思われますが、特定はできません。

 そこで、屋根の保護塗装とシールの打ち変えを行い、室内のクロスは、復旧しました。

 これについて、火災保険の「漏水調査費用」を申請したところ、「漏水の原因が、屋上の防水層の劣化に起因すると思われるため、保険対象外」との通知が来ました。

 これ、おかしい!

 まず、「劣化」の定義が、曖昧。
 ある時の強い雨風で、防水シールが剥がれたという可能性もあります。確かに、古くなっていたことが遠因であっても、それに加えて、外圧があったから、剥がれたのです。

 これを劣化とは呼ばない。

 そもそも、漏水の原因は、どこにあるのかわからないから、調査するのであって、最初から、漏水個所が特定できれば、いきなり補修すれば良い訳です。

 それなのに、調査した結果、「防水層の劣化だから、保険は出ない」と言うのならば、「漏水原因は、不明」と言えば、通ることになります。

 以前は、「漏水があった」→「それを調査する」と言う見積りだけで、保険金が支払われたケースがいくつもあります。

 保険会社の見解を改めて、聞きたいと思います。

ポチッで現在の全国順位がわかります。
にほんブログ村 住まいブログへ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック