アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2178日連続更新中】

 大垣市内14階建のマンションの大規模修繕工事で足場解体前検査を実施しました。

  南面は、できるだけ早く養生シートを取り、日の光を室内に入れるため、一週間前に検査を終え、残り3面の検査です。

 タイルをすべて専用の打診棒で叩き、ベランダの天井や壁の塗装の塗り残し、塗りムラ、防水工事や窓枠のシーリング工事を目視したり、触ったり、LEDライトで照らしたり…と言う作業です。

 南面で半日かかっており、今回は丸一日。

 施工会社の現場代理人さんや社内検査の担当者と一緒に回り、「手直し箇所」にテープを貼ります。
 その作業が延々と続きます。
 
 施主であるマンション管理組合の代わりに施工の確認をする仕事ですから、「これが自分のマンションだ」と心底思い、検査漏れをしない!と言う強い気持ちでないと、忍耐力も集中力も続きません。

 また、施工会社も積極的に協力いただき、新築時の施工で気になるところ見つけた場合、どうするか?も協議しながら進めます。

 他の工事のついで+αで出来るようなものは、無償で対応いただくことで、より「きれいにする」と言うのが私の考えです。時には、室内の建具の不具合なども直すこともあります。

 そう言うサービスで住民の皆さんに喜んでいただくことが、その建設会社さんの評判も高め、口コミで、他のマンションの修繕工事に紹介いただけることもあると思います。

 施工会社を泣かせて、お客様に良い顔するのがコンサルタントの仕事ではなく、お客様も施工会社も、どちらも幸せになる工事にして、その後のアフターケアや保証もスムーズに行かせるのが、コンサルタントの仕事だと思うのです。

  ポチッで現在の全国順位がわかります。
にほんブログ村 住まいブログへ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック