アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2176日連続更新中】

 土曜日の夜は、東京で「ドリプラ」の大同窓会でした。

ドリプラとは、「ドリームプランプレゼンテーション」の略で、私のメンタリングマネジメントの師匠「福島正伸先生」が開始されたもので、「10分間のプレゼンにより、本気で夢を語ることで、共感者を集め、その夢を実現する足がかりにする」イベントです。

発表者に求められるのは、「あきらめない理由」と「その夢の社会的な価値」を10分間のプレゼンで言いつくすこと。

そこにたどりつくまでに、半年程度、「支援会」が行われ、発表者は、支援者から励ましを受けながら、「自分の人生」と深く向き合います。

何しろ、「わずか10分間」です。

そこに凝縮するまでに、悩み、泣き、徹夜を何度もするという行程を経ます。

何千人と言う参加者は、決して安くない参加料を支払い、「人の夢」を聞きに来る訳です。信じられません(笑)

このイベントは、2007年から東京で開始され、私は2008年から3年間、「ドリームメンター」と言う立場で、発表者を支援していました。今は、「初代ドリメン」と昔懐かしむような名称で呼ばれています。

このドリメンの仕事は無償。
東京への交通費も自分持ちの完全なボランティアです。

その後、全国各地へと広がり、歯科ドリプラと言うような業種ごとのドリプラに広まり、企業や学校にも広がり、更には、海外まで広がり、今、東京で開催されるドリプラは、「世界大会」と呼ばれています。

私は、今は東京には行っていませんが、地元のドリプラを支援しています。

今回行われたのは、2007年~2012年までの発表者、スタッフ、そしてドリメンの大同窓会。
集まったのは、総勢60名ほど。

私にとっては、ここ2年のメンバーはわかりません。

私と同じ「初代ドリメン」は、すでにほとんどが代替わりをしていて、数名しか来ておらず、発表者もほとんどが最近の人が来ていたので、70%位は知らない人でしたが、各年ごとの発表者の近況が紹介され、大いに盛り上がりました。

何しろ、「人前で、本気で夢を語る人たちとそれを無償で応援する人たち」の集まりですから、すぐに話がはずむし、笑う・話すの表現が、ピュアで恥ずかしさがありません。(笑)

「人の夢を応援する」のは、今も、そしてこれからも、自分のビジネスとは関係なく、続けて行きます。

  ポチッで現在の全国順位がわかります。
にほんブログ村 住まいブログへ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック