アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1966日連続更新中】

 確か、中学2年だったと思う。

 同じバレー部の悪がき3人衆で、エイプリルフールをやろうと言う話が持ち上がり、メンバーの一人が、同じクラスの女子に電話を掛け、担任の先生が事故で、入院したと言うウソを流した。

 その病院は、大型の県立病院で、ロビーが広く、隠れて待っていたら、ほんとに花束を持った女子がニ人一緒にお見舞いに来て、受付で、尋ねていた。

 それを見て、悪がき3人衆は、「やったー!」と喜んだ訳である。

もちろん先生は入院していないので、その二人は帰って行ったわけだが、その段になって、「やばい!」と思い始めた。

花代だって、中学生にしたら、半端な金額ではない。

私は、私で、自分のクラスには、違うウソを流していたが、そちらは、誰も引っかからず、笑い話ですんだので、どんなウソを流したかは、記憶にない。

しかし、そのメンバーは、親や先生にこっぴどく叱られた。

各メンバーがそれぞれ自分のクラスに仕掛けたエイプリールフールなので、「共同謀議」(?)は成立せず、私には、おとがめなし。

 しかし、悪がき3人衆で相談して、悪知恵を思いついたことには間違いないし、騙されたシーンを一緒に見て、喜んだのだから、責任は大いにある。

 もう40年近く前のことだが、何年かに1回、この時期になると、思い出す。
 それから今までの間、その病院のシーンを何度か夢に見た。

 後味の悪―い思い出。
 
 このブログ、その時の女子は、絶対に見ていないと思うけれど、
「あの時は、本当にごめんなさい」

 こうして謝っても、また夢を見るだろうなぁ。

ポチッで現在の全国順位がわかります。
にほんブログ村 住まいブログへ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
共感です。
馬渕先生
おはようございます。

実は僕も悪ガキだったので似た様な経験があります。

たしかに振り返って後味が悪いです。

あの頃は「誰かを心配させてしまう」事の重大さが想像つかずやってしまったことです。

自分の子どもたちには「エイプリールフールでも誰かを心配させたり、悲しむような嘘は駄目だよ」とお話しました。

それ以前にそういう嘘をつくような悪ガキでも無いですけどね。

2013/04/02(Tue) 08:50 | URL | なりっと@大家検定 | 【編集
RE:なりっと@大家検定
なりっと@大家検定さん

コメントありがとうございます。

なりっと@大家検定 さんの「悪がき」…想像つきます(笑)

あの時、「こっぴどく叱られた」友人を見て、大いに反省して、少しだけ更正しました(笑)

私も、子供には、「人に迷惑をかけることは、いけないこと」と繰り返し伝えてます。
2013/04/02(Tue) 16:07 | URL | 馬渕@しあわせデザイン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック