アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1956日連続更新中】

  雨漏りの侵入口は、屋上・ベランダ・壁のひび割れ、開口部(窓サッシ等)だとほぼ決まってます。

 今回、管理会社が、上階のベランダでの散水試験を元に、原因はこれだ!と決めつけ、対策工事を行ったにも拘わらず、再び雨漏れがしたマンションで、再度、雨漏りの調査。

 最近の雨漏りの様子を聞くと、雨が降ってから、数日後に事象が起きるとのことで、それまでの調査の先入観を排して、一から検討。

 管理会社の見解では、
「上階の床フローリングは、直貼り。従って、フローリング下からの雨漏りであれば、フローリング材がフニャフニュになっているはずだが、しっかりとしている。従って、上階のフローリング面からの雨漏りはない」とのこと。

 しかし、その根拠が、足で踏んでみて…と言うもので、根拠が乏しいため、今回、サッシ下部の巾木をめくり、ほんとにそうなのかどうかを調査。

雨漏り調査巾木をめくる前

雨漏り調査2 めくった後。
下部に黒い雨漏りの跡。
実際に触ると濡れている。


 結果は、この通り、外部から、サッシのシーリングを破り、内部への雨漏りが生じていました。
 管理会社が、直貼りだと言っていたフローリングは、窓の付近のみ、2重貼り。

 他の大部分が直貼りなので、恐らく、新築時に、床面の水平が合わず、窓の付近のみ下地を貼ったのでしょう。

 従って、フローリングに異常がなく、下に雨が回っていないように思えるはず。

 しかし、自分たちが「専門家として、調査はちゃんとやり、これ以上の調査は、足場を組んで、大規模修繕工事の際にやるしかない」と言い張っていた管理会社の調査は、何だったの?と言うことになりますよねー。

 この事実を管理会社が聞いたら、なんて言うんだろ…(苦笑)

ポチッで現在の全国順位がわかります。
にほんブログ村 住まいブログへ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック