FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1867日連続更新中】

 昨夜は、コンサルティング先のマンションの理事会の皆さんとの忘年会。

 管理委託契約の見直しが成功し、次のテーマは、役員で盛り上がっている「自立的な組合運営の機運をどう定着させるか?」また「組合運営上の課題をどう解決するか?」

 その中でも、悩ましいのが、「ペット問題」

 この組合では、新築時は「ペット禁止」。しかし、既にペットを飼っている人が3分の1近くおり、過去に何度か、ペット飼育について話し合いがなされていましたが、決着はつかず。

 「ペット禁止だから、このマンションを選んだ」と言う意見もありますが、冷静に考えると、組合規約は4分の3以上で変更できるので、現時点で、4分の3以上の組合員が、ペット飼育に賛成すれば、ルールは変更できると言うことになります。

 一人ひとりの住民の気持ちを尊重することは大切ですが、共通のルールを変えるべきかどうかは、最終的には全体の総意だということになり、総意=全会一致ではなく、多数決で決まるわけです。

 4分の3以上の賛成があれば、今度は、ペット飼育のルールをしっかり定めると言うことが大切です。あるいは、ペット飼育のルールを厳格に定めることで、賛成者が増えることもあります。

 こう言うデリケートな問題は、いきなり総会で決を採るのではなく、住民集会で十分意見を聞き、反対者の懸念するNG要素を取り除く案が出せるかどかで、結論が出るのだろうと思います。

 そんな話を2時間。

 19時に始まった忘年会は、2次会まで続いて、24時に終了したのでした。。。(^_^)

ポチッで現在の全国順位がわかります。
にほんブログ村 住まいブログへ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック