アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1832日連続更新中】


 学生時代には、政治家になろうと考えた時期もあった。言論で社会に貢献しようと。

 マスコミや大学教授を目指し、「ペン」で者会に貢献しようと考えた時期も。

 当時、政治家の発言より、経済人の発言の方が、重みがあったように感じて、会社に入ることを決めた。マスコミは、交通事故で、面接を棒に振った。(笑)

 だから、実は、政治の世界には、人一倍関心があるのだが、今の政治は、あまりに情けなくないか?

 第3極の結集では、根本思想が違うもの同士が簡単にくっついたり、既成政党から簡単に離脱して、そこに入ったり…。

 既成勢力が不人気だと言うことで、ともかく「壊す側」に回れば良いのか?

 確かに、選挙で勝たない限り、政治家になれないのだから、「選挙で勝つ」ことが優先なのはわかる。

 だから、政治思想が違っても、「勝ち組」に入り、勝ってから、本領を発揮する?

 それでは、詐欺でしょう。

 政治家が清廉潔白で、高い倫理観を持つべし!とは言わないが、軸のないブレにブレる政治家には、投票できないでしょう?

 じゃあ今、もし自分が政治家だったら、どこに所属し、何を実現しようとする?

 即答はできないけれど、少なくとも、今の仕事で「理想とするコンサルタント」の姿を脇に置いておいて、目先の儲けのために、あるいは、将来への不安解消のために、言動を変えることは、絶対にしない。

 顧客の幸せ実現のために、自分の最大限を尽くす。その結果、ビジネスが成り立たないのなら、マーケットを見誤っているか、自分の努力が足りないと言うこと。

 悔いを残さないためには、自分が「心地よいと感じる仕事」をするしか、前に進む道はないんのだ!と思う。

ポチッで現在の全国順位がわかります。
にほんブログ村 住まいブログへ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック