アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1781日連続更新中】

 大規模修繕工事を控えた10年目のマンションから、勉強会の依頼を受けました。

 実際に、コンサルティングを依頼されるかも、と言う可能性はあるのですが、勉強会ですから、営業に行く訳ではありません。

 今回は、3月に行われたマンション管理学校の私の講座を聞かれた方のご主人が、偶然にも修繕委員長になられ、「あの人の話を聞くのが良いよ」と紹介されたご縁です。

 こう言うご縁があると、尚更、親近感が湧きます。

 私は、いつものとおり、勉強会の前に、マンションを訪問して、一般論だけではなく、そのマンションにとっての課題を探りながら、お話しをすることにしています。

 今回も、数日前に、お邪魔し、約3時間、滞在。

このマンションは地下鉄の駅から近いので、あえて、駅からの徒歩ルートを歩き、住民の方が、どんな風景をみながら帰宅するのかを体験します。

15階2棟の屋上に登り、3つある階段を全て、昇り降りしながら、建物と対話します。

敷地を全て歩き、普段は、住民の方が入らないだろうと言う場所も、行きます。清掃の前に一度行き、清掃の後にもまた行きます。

そこの掃除が行き届いているかどうかは、清掃品質を見るのに重要だからです。

 エントランスに座り、行きかう人や訪問者の様子もウオッチングします。

 こうして、住民の気持ちになり、このマンションの良さを感じ、好きになることがポイント。

 好きな相手のために、どんな気遣いができるかどうかが、分譲マンションの組合=住んでいる人へのコンサルティングで重要だと思うからです。

 従って、マンション管理相談センターの「7つのポリシー」の最後の項目は、

「一生住み続ける住民と同じく、一生を通じて、依頼元のマンションと付き合う」熱い思いで仕事をいたします。

 とうたっているのです。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック