アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1623日連続更新中】

 昨日の良質住宅研究会では、中部電力の住宅電化グループの徳田課長にお越しいただき、電力危機が叫ばれる中でのオール電化について、話を聞きました。

 結論を簡単にまとめると、

1、オール電化は、電力のピーク時に使われないから、電力不足とは関係ない

2、東日本大震災の際には、ライフラインの中での復旧が最も早く、震災以降、逆にオール電化が増えている。

3、水道の復旧が最も時間がかかったが、エコキュートのタンクの水が役立った。

4、従って、オール電化は、良いですよ!と言うのが基本スタンスだが、節電要請をしている中で、「オール電化」にして下さいとはPRできない。

5、原子力発電が復活するか否かに拘わらず、深夜の電力は、比較的コストの安い電源を使っているため、直ちに大幅な電気料金値上げにはならない。

6、仮に、深夜電力の料金が上がっても、エコキュートは、現在1000円/月。それが2倍以上になっても、他燃料より安いので、オール電化の経済的な優位性は、保たれるだろう。

 と言うものでした。

 原子力発電への不安感が、なんとなくオール電化への逆風になっている感じがしますが、電力不足だから、あるいは、省エネのために、オール電化はNGと言うのは、違っているようです。

 電力不足であろうが、なかろうが、「電気に頼る生活は止めよう」と言う考えからすれば、オール電化は、選択肢から外れるでしょう。

 いずれにしても、これから新築やリフォームを考える人にとって、自分の価値観や求める生活と照らし合わせて、オール電化にするか否かを選択をするのが良いと思います。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【ブログ1623日連続更新中】昨日の良質住宅研究会では、中部電力の住宅電化グループの徳田課長にお越しいただき、電力危機が叫ばれる中でのオール電化について、話を聞きました。結論を簡単にまとめると、1、オール電化は、電力のピーク時に使われないから、電力不足とは?...
2012/04/21(Sat) 01:21:57 |  まとめwoネタ速suru