FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1605日連続更新中】

  管理契約見直しコンサルティングをしているマンションの大きな悩みの一つが、「管理費の長期滞納問題」です。

 ほとんどの管理委託契約は、管理会社に督促業務を委託しているのですが、その実施内容は極めて曖昧で、「電話、手紙または訪問により督促を行う。」とあるだけで、具体的に、どんなタイミングで何を行うのかと言う定めがありません。

 しかも、督促期間は、3カ月とか6カ月で終了となっていて、それ以降は、理事会が督促を行わなければなりません。

 でも住民同士は言いにくいものです。

 結局、滞納が増えるのを横目で見ながら、早く役員交代になって、次の役員で解決してくれないかな?と言う気持ちになります。

 こんなユルユルの督促では、長期滞納問題は、起こるべくして起こると言わざるを得ません。

 今日も、コンサルティング先のマンションの理事長から、相談があり「以前から管理会社に頼んでいた“滞納金発生防止案”が出てきたので、見て欲しい」と言うものでした。

 しかし、それを見ると、何カ月も経ってから、ようやく内容証明郵便を出し、その後は、裁判に踏み切ると言うもの。

 この案では、相変わらず「ユルユル」状態。

 「収入は困っていないのに、子供の給食費を支払わない親」みたいな住民を増やすことになります。

 と言うことで、理事長から住民のことを考えて、現在の長期滞納者への対応策と管理規約改正について、私に具体的なアドアイスを行って欲しいとリクエストをいただきました。

 先日の別のマンションでは、150万円ほどの滞納金問題をズバッと解決してきましたので、今回も、スバッと行きます。(^_^)

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック