fc2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1513日連続更新中】

 今年はどんな年になるだろ?と予想するのに、一つの材料となるのが、インターネットで消費者がどう動いているのかと言うこと。

 アクセス数のランキングを発表しているalexaのサイトを見ると、世界ではグーグルが1位、Facebookが2位になり、Facebookが著しく伸びているようです。

 では、日本では?と見ると、このページにあります。

1、Yahoo! Japan
2、Google 日本
3、YouTube
4、FC2
5、Google
6、Facebook
7、楽天市場
8、アメーバブログ
9、livedoor
10、Amazon.co.jp
11、Wikipedia
12、goo
13、Twitter
14、ニコニコ動画
15、MSN
16、アメーバブログ
17、mixi
18、はてな
19、カカクコム
20、Blogspot.com

 この通り、ヤフー・グーグルの検索サイト、動画サイトのYouTube、ブログポータルのFC2と言う常連に続き、Facebookが5位にランクイン。先発のTwitterを抜いています。

 また、相変わらず人気が高いのは、ブログ・動画。

 ブログは、単独のサイトの順位で見るより、ジャンルで見るべきで、一般の消費者から子供まで、利用者のすそ野が広いことが特徴だろうと思います。

 一方、Facebookは、一般消費者よりビジネスパーソンや文化人の利用者が多いと言うのが私の実感ですが、住宅関連業界を見ると、まだまだ少ない。ただ、コンテンツがツイッターのように数秒のフローのみではなく、ストックもあるので、消費者が何かの機会で見た際にも、どんな人・会社なのかわかりやすいと言う特徴があります。

 私もマンションの管理や大規模修繕コンサルティングの分野で、少しずつFacebookからのアクセスが増えてきたのは、実感しています。

 多くの人が言っているように、インターネットの世界におけるソーシャルネットワークサイトをどんな風に活用するのかは、ビジネスにおいて、非常に重要となる1年になるのでは?と言う予感がします。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック