FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1476日連続更新中】

 先日、省エネのセミナーに参加し、最新のLED情報を学んできました。

 そこで、一番啓蒙しなければいけないと感じたのは、LEDの新製品情報ではなく、交換時の注意。

 LEDと言っても、実は、その商品には、点灯回路を内蔵しているものといないもの、交流用と直流用と言う違いがあります。

 また、蛍光を使っていた器具側にも、DC電源内蔵型とそうでないのがあったり、インバーター式のものがあったりと、種類があります。

その組み合わせをしっかり確認しないと、省エネにならないどころか、点灯しなかったり、感電の恐れさえあります。

 器具とLEDランプの組み合わせが正しいとしても、器具が古いと、やがて不具合が生じる可能性も指摘されています。

 そこで、日本照明器具工業会から、注意事項をまとめたチラシが発行されています。

 それが、こちら。
直管型LEDランプ交換注意(小) 直管型LEDランプ交換注意(小) 2


 正直、電気に詳しい人でないと、わからないと思います。

 結論から言うと、LEDに替える時は、器具ごと替える、と言うのが、一番安全ですし、期待する省エネ効果も出ます。

 また、ここには書いてありませんが、LED用器具に替えた後、何らかの理由で、蛍光灯に戻すと言うのも、同じ理由から、まずいと言うことになりますね。

 電球型のLED戸とは異なり、直管型のLEDは、注意が必要ですね。

 くれぐれも、「大幅ディスカウント」の広告につられて、直管型のLEDランプだけを買わないように!

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック