FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを990日連続更新中】

 だから、今年建てなさい!と言う話では、ありません。もし今、「建て時」の方がいれば、来年の3月までに入居するかどうかで、その程度の差が付くケースもありますよ、と言う話です。

 だからと言って、急いで住宅会社に飛び込んでは行けません。そんな時だからこそ、住宅会社の営業に惑わされることなく、本当に必要な住まいを相性の合う優良な建築家・住宅会社で建てることが望まれます。

 この300万円差が付くケースは、次の項目が、ある条件のもとに、すべて適用された場合です。
1、住宅エコポイント30万円をフル活用
2、フラット35Sの金利優遇(10年間マイナス1%)
3、贈与税の非課税枠拡大(1610万円)
4、太陽光発電の売電価格が最も高い
5、長期優良住宅の住宅ローン控除最大600万円
 (参考にしたHPは、こちらです)

 実際は、お客様によって、どの項目がどの程度適用されるか異なりますし、景気浮揚策と言う点では、来年度以降も継続、あるいは、拡大されたり、新規政策が追加されることで、今年と同等あるいは、今年以上の優遇がとなるケースが出るかもしれません。

 そもそも、金利情勢が大きく変われば、それだけで、返済総額も変わりますから、こう言う情勢をもって、「今が建て時」と迫る営業マンがいたとしたら、それは要注意です。

 繰り返しますが、「今が建て時」のお客様が、入居の時期を誤ることなく、かつ上記の優遇措置を踏まえて、家づくりをすると、大きなメリットがありますよ!と受け止めてください。

 結婚披露宴料金が安い時期だから、相手は誰でも良いので結婚する!なんてことは、しませんよね?(笑)

 それと同じです。

 しっかりと、「 住活 」をしてから建築依頼先を決めてくださいね!

■あなたにピッタリの建築会社・建築家をご紹介する「 住活 」サポートなら■
→ リブネット・プラス
■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI
■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
私も先週、同じ切り口で記事を書こうと思ってましたが、最後の一言が、自分に跳ね返って来るので、書くのをやめました。
2010/03/25(Thu) 10:09 | URL | 飯盛 | 【編集
RE:飯盛さん
なるほど(笑)

いえいえ、きっと、飯盛さんに、良いご縁がそろそろ現れるはず!と確信してますから!!
2010/03/26(Fri) 05:01 | URL | 馬渕 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック