FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを904日連続更新中】

 岐阜県揖斐郡池田町にひときわ赤くシャープな社屋を持つ、森住建さん。

 リブネット・プラスが主催する「消費者の家づくりを支援するネットワーク」に加盟頂いており、先日、1月末開催の「住活フェア」の説明で、お邪魔してきました。

 名古屋から、東海道線で大垣駅下車。そこから、近鉄養老線に乗り換え、全部で1時間。

 森社長と夫人の森常務に迎えていただきました。

森住建1 入口には、私が製品プロデュースに関わった「未来写真スタジオ」。
 これ、50インチのプラズマに同社の建築事例がスライドショーで流れ、見ているだけでも、ワクワクします。


森住建3 これは、これまで建築された住宅の模型。
 お施主さんがイメージしやすいように、いつも制作されているそうです。


森住建2 そして、これが、お施主さんからの喜びの声。
 実際に、何枚もの展示に、それぞれ生の声が書かれており、森住建さんとお客様との距離の近さが伺えます。


 森社長は、大工の家系で生まれ創業120年の歴史を持つ四代目の大工として家創りに携わってきた方です。その経歴から、最も重視されていることの一つが、会社の社員全体の「家づくりに対する想い」の統一感であり、共有だそうです。

 その「想い」は、HPの森社長の挨拶に次のように書かれています。

 良い家造りは、会社の大小や知名度で造るものではありません、必要なものは熟練した腕であり技術、でもそれだけでも足りません。“お客様への感謝の気持ち、親身になる対応、自分の家だったらしてほしい事をしてあげる、そんな心を磨くことが良い家創りに必要なことだと思います。
そして、“あなたに出会えてよかった”その言葉を言って選んでもらう事が私達の生きがいです。



 森社長と森常務と私と3人で話していると、森夫妻の掛け合い漫才のようなやり取りの合間に交わされる言葉を聞くだけで、この「想い」が本物なんだなと、実感できます。

 また、驚いたことに、森常務は私と同じ長森中学の出身であることが判明。

森住建4 そして記念写真
 (^^)v


 3時間近くの懇談があっと言う間に過ぎ、なんだか、縁の深い会社だなぁと思いつつ、自宅に戻ってから、急に、「もしかして、あの会社?」と思い立ち、過去のブログを検索しました。

 そうしたら、2度びっくり!

 実は、森住建さんのことは、過去に私のブログで、ある本に載っている素敵な工務店さんとして、5回にわたって、書いていたんです!

職人までもが涙する引き渡し式(vol.1)

職人までもが涙する引き渡し式(vol.2)

職人までもが涙する引き渡し式(vol.3)

職人までもが涙する引き渡し式(vol.4)

「スーパー上司力」の著者:酒井英之さんと会う

 この記事は、今から2年半前に書いたものです。

 この時から、森住建さんとは、出会う運命だったのだろうと思います。
 

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/26(Sat) 16:36 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック