fc2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを867日連続更新中】

 熊本県にある黒川温泉は、決して有名ではありませんが、年間100万人の観光客がやってきます。その成功の立役者が、コンサルタントでもファンドから送られた経営のプロでもない地元新明館の後藤哲也さんでした。

 後藤さんは、温泉の将来に危機感を抱き、20歳代のとき、一人で深夜に旅館の裏の崖を掘り、10年かけて2つの「洞窟風呂」を作り、それが観光客を魅了し、黒川で人気の旅館になります。「黒川のよさは田舎の自然だ」と語る後藤さんに対し、バブル期の団体客に安穏としていた周囲の旅館は冷ややかでしたが、実際に人気が出ると、近所の旅館の経営者が、真似をしたいと後藤さんに申し入れます。

 後藤さんは、ライバルである他の旅館に対し、一緒に作業もして、その旅館独自の洞窟風呂を作り、その旅館も人気が出るようになります。これがきっかけとなり、次々に黒川温泉の旅館が、旅館仲間同士の協力で、それぞれ魅力ある露天風呂を持つことになるのです。

 更に、有名な造園家の作ったバブリーな露天風呂を壊し、旅館の周囲に雑木を植え、統一したデザインの看板にし、宿泊しない人でも温泉めぐりができる「入湯手形」を発行します。

 ここでは、迷っていそうなお客様を見かけたら、自分の旅館に泊まらない人でも、まるで自分のお客様のように、目的の旅館に案内します。

 宿泊客と話をしていて、「それなら、次は○○旅館が良いですよ」と他の旅館を推薦することもあるそうです。

 こう言う接客が、黒川温泉に宿泊した人からの口コミ・リピートを生んでいるのですね。

 住宅マーケットが不況だと言われると、どうしても、お客様を囲い込んで、他に流れないようにしたいと言う欲求にかられます。

 しかし、囲い込まれたい消費者っているのでしょうか?

1、自由な選択から選びたい
2、比較を十分してから選びたい
3、賢く最適な選択をしたい
4、誰かのお墨付きが欲しい

が、消費者の真実なのだろうと思います。

 自社の管理顧客であっても、すべてが相性の良い顧客とは限りません。「取った」「取られた」と言う戦いをするのではなく、お客様にとって、最適な選択の機会を沢山の会社が一緒に提供しあうことで、イベントの魅力が増し、お客様の家づくりに対するマインドが盛り上がり、来場者が増えることになります。

 それがリブネット・プラスの目指す「お客様も事業者も共に幸せになる世界」です。

 1月末に開催する「新春 住活応援! 土地探し・住まいづくりフェア」は、こんな風にお客様を愛する東海エリアの優良な住宅の作り手が開催する歴史に残るイベントになると思います。

 そのキックオフとなる名刺交換会&事業計画&交流会を11月17日(火)に開催します。


 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
日曜日に不動産屋さん廻りを、生まれて初めて経験してみました。
おっしゃるとおり、囲い込みがすごいですね。
消費者として考えると「うんざり」というかんじです。
依頼者の希望に合う最善のものを探すことが出来る仕組み、とても重要だと感じます。
2009/11/10(Tue) 08:21 | URL | 飯盛 | 【編集
RE:飯盛さん
そう言う生活者感覚は、とても大切ですよね!

飯盛さんのブログにも、コメントさせていただきました。
2009/11/10(Tue) 21:37 | URL | 馬渕 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック