fc2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

約100戸の店舗複合型マンションで、長期修繕計画の全面見直しをしています。

このマンション、とにかく、修繕積立金が安い!
会計部門が、「共通・住宅・店舗・立体駐車場」の4部門あるのですが、何と、住宅部門は戸当たり平均が1,000円です。(実際には、管理費会計の余剰金がある)

これを全面的に見直すには、まず、大規模修繕工事の費用をどの部門に振り分けるか?
例えば、屋上の防水や外壁は、建物全体の補修費用なので「共通」だけれども、廊下や階段の床面のみは、「住宅」というような区分けです。

設備も、建物全体に配されているものと住宅エリアだけに配布されているものを区分けします。

これが、半端なく複雑。

以前の管理会社が、何度かトライしたものの、理事会での承認が得られず、総会議案として上程できない状態が長年続き、担当者が、半ば、諦めていたように見える状態でした。

4部門での振り分けを漏れなくするには、PC画面と印刷物をあちこち見ながら、インプットする必要があり、途中で止めると、精度が落ちるため、連続、一昼夜続けますから、目がしょぼしょぼしてきます。(笑)

この経験も成長につながります。

【ブログ6074日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ