FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

竹中工務店が、ドローンでタイル浮きがわかる「スマートタイルセーバー」を開発したとのニュース。

(1)熱分布データの抽出、(2)壁面のタイル目地検出、(3)浮いたタイルの検出、ができるそうです。

しかも、壁面のすべてのタイルの割り付けがCADデータとして出力できて、どのタイルに浮きの可能性があるか、タイルの総数のうち何パーセントに当たるかも自動計算できるとのこと。

以前、他社で、ロボットがタイル打診を行うシステムを開発したとのニュースもありましたが、とにかく、このタイルの浮きを調査する仕事は、手間がかかりますので、こうした技術が進歩するのは、非常にありがたいです。

確かに、打診音や浮きの分布を経験値で見極めていくというのは、まさにプロの技のような良さはありますが、それ以上に、組合員の総意をまとめて行く難しいコーディネートを行うところにこそ、プロのスキルを使う意義があると思います。

タイルの浮き検出は、ドローンに任せて(笑)、そういうところに時間を使えるようになるのは、良いことです!

【ブログ4890日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ