FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

顧問先マンションでの質問です。

(質問)
現在、自治会費が30万円程の余剰金があり、特に使うあてもなく、積みあがるばかり。
自治会費と管理費は、別会計であるが、このマンションでは、賃貸住戸がなく、自治会費は、全て、区分所有者からの金額だから、この金額を管理費会計か修繕積立金会計に振り分けたいという意見。

大規模修繕工事で一時金を集めて、修繕積立金に入れることは、行われているので、理事会の判断でかまわないでしょう?それとも、総会決議が必要ですか?

(回答)
新築時から、マンション1棟が1自治会で、全戸自治会加入が義務付けられているマンションは、少なくないと思います。

それが管理費と一緒に振替えているケースもあり、毎年の決算書には、「自治会費」として、収入計上され、それを「自治会費」として支出するマンションも多いと思います。

また、自治会長は、役員から選出されるルールがあり、理事会で、自治会の活動の話がなされるのも普通にあります。

全戸から集めたお金が、使途予定もなく積みあがっているのだから、将来、不足するかもしれない管理組合の財産に繰り入れましょうという感覚になるのは、不思議ではないかもしれません。

しかし、今回の質問の回答は、「理事会、総会、いずれに決議でも、それは、できません」

自治会(費)と組合(財産)は、組織も会計も別なので、組合側の決議で決めることはできません。

住民から、一旦、自治会に収められたら、財産は、自治会に属します。
組合が集金して、自治会費に繰り入れ、それが組合の予算・決算書に掲載されているからと言って、管理組合の決議で、繰り入れ先を自治会会計から管理組合会計に変えることはできません。

たまたま、マンション住民=組合員の全員が、どちらにも所属していて、
いままで、どっちがどっち?という状態でも、意思決定は別です。

自治会費を管理組合会計に繰り入れることを行うためには、
自治会の集会で、
「自治会財産を管理組合に寄付する」
決議をすることです。

それは、自治会の決議ルールに従います。
もし、ルールがない場合は、全戸賛成なら、問題ないですね。

【ブログ4856日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】