FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

顧問先マンションで、10年瑕疵保証前インスペクションを行っています。

そこで見つけたのが、消防用予備タンク下部の配管の破断。

毎年行う消防点検では、予備タンクへの通水試験は行わず、また、カバーされていたので、錆が進行していることがわからず、劣化の兆候はありませんでした。

しかし、10年もたたずに、ここが破断するのは聞いたことがありません。

分譲会社からの説明は、
施工の不具合ではなく、地震や台風等の外力により
破断がジワジワと進行していた可能性のほうが高い
というもの

消防設備業者に聞くと、静水状態なので、たとえば、井戸水からのくみ上げであったとか、雨水が入ったとかで、錆を生じさせることはあるが、それにしては、破断するのは早いとのこと。

新築時の施工不良がないという前提、あるいは、施工不良を認めたくないという心理が先に働くと、「劣化」の説明になります。

新築時の施工不良があったかもしれないという前提で見ると、他のマンションでも、台風や地震があるので、あちこちで、同様の破断が起きるはずで、少なくとも私自身が、これだけ多くのマンションに関わっていて、「聞いたことがない」と言うのは、合点が行きません。

台風や地震以外の原因があるに違いない!と言う眼で、検証しますよ!

【ブログ4827日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】