FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「理事会はマンションロビーで開催するが、出られない人、感染リスクがあるので、出るのが嫌だという人には、ZOOMで参加して良いですよ」と言う理事会開催をリクエストされました。

これ、実は、かなりハードルが高い。

マンションロビーだと、反響音が大きく、参加者の話が聞き取れないケースが出ます。

私は沖縄のマンションと結んで何度もオンライン会合を行う中で、色々トライしていていますが、マイクは何度か買い替え、今は、数万円する高性能マイクを持参して実施していますが、それでも、テレビ中継のようにクリアには行かない。

現地のコンサルタントがそばにいて、サポートすることで、会合を進めています。

また、パソコンのモニター側が参加者に見えるようにして、私の顔を映して、説明や質疑応答していますが、私に対して、全員の顔を映すような画角になるようなカメラ設定は、難しく、こうしたセッティングは、各マンションで行うため、その準備も毎回生じて、なかなか大変です。

多くの人は、会社の会議室と結んで、リアルメンバーと在宅メンバーとのミーティングを行うようなイメージをお持ちかもしれませんが、そのようクオリティとは、かなり差があります。

また、ZOOMが軽いと言っても、2時間の接続は、通信容量も多いので、モバイルWi-Fiの通信費が掛かります。

従って、理事会をZOOM中継するにあたっては、もし、複数の参加者がZOOM参加となった場合、全員がZOOM参加しての議論のようなキャッチボールは、かなり難しいでしょう。

理事会の全員の顔までは映らなく、声の把握も難しいかもしれないという前提での開催になります。

とにかくやってみて、試行錯誤しながら、withコロナの組合運営を考えていきますので、ご理解、ご協力をお願いします。

【ブログ4754日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ