FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

この週末は、沖縄での建物調査をジンバルに取り付けたZOOMで中継することにトライ。

実際にやってみて感じたのは、ホントに揺れがないので、目が疲れないこと。
調査記録として画像を残すことには、まったく問題がないです。

ただし、地下ピットなどは、電波が届かずダメ。

一方、音声は、難あり。
風が吹くと、その音が入ります。
ホールなどでは、響きます。

しかし、視聴側から、「窓廻りのシールを見せて」とか、「そのシールを触ってみて、弾力性は?」等の指示の声は撮影者にきちんと届くので、スムーズにできます。

現場の撮影者との連携次第で、色々な調査や試験は可能ですし、自分の音声記録も、クリアに残ります。

視聴しながら、PC画面の半分で、メモを書いていけば、調査と調査報告書のたたき台が同時にできて、効率的です。

ただし、設備や建物の知識レベルを同じでないと、視聴側の指示が伝わらないので、仮に、バイトを雇って、撮影だけの人を配置しても、ダメでしょう。

録画時間が長くなると、ZOOMのWebサイトの記録容量の2GBは、数本で一杯になるため、必要なところだけを録画する、録画したら、早めに、外部ストレージに保存するなどの対応も必要。

その際のファイル名の付け方も大事。

撮影しておけば、後で見ることができるという安心感で油断すると、永遠に見ることのない動画が貯まることは避けたいですね。

やってみると、色々と分かることがあり、改善ポイントが見えてきます。

【ブログ4746日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】