FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今週末は、沖縄でコンサルティングです。

2月以来、毎回、沖縄出張寸前で、コロナ問題で訪問中止。

Web会議で、会議に参加して、コンサルティングを進めてきました。

しかし、現地調査は、訪問しないとできない仕事。
これをどうするか?

沖縄には友寄コンサルタントがいて、名古屋には何度も来て、色々な調査にも参加していますが、未経験業務もあります。
特に、沖縄は、非常に難しい「新築時の不具合可能性調査」や「経年マンションの設備調査問題」の依頼を受けていて、基本的には、私と一級建築士の辻先生とペアで行く案件が多い。

一方、名古屋でも、コロナ問題の収束に比例して、一気に仕事が増え、二人で沖縄に行くのは、かなり厳しくなっています。

そこで、一人は沖縄、一人は名古屋という体制で、現地では、Webカメラで調査を生中継することにトライ。

生中継の検査は、今年の秋から始まる大規模修繕工事で、使おうと考えていた手法。
実際のゴールは、施工会社の現場代理人が、中継することで、毎週の定例会議じゃなくても、随時、打合せや検査ができる状態にすることです。

そこで、活躍するのが「ジンバル」
これ、スマホで動画撮影の画面の揺れを抑える装置です。
ジンバル

今回の沖縄訪問では、これを用いての実際の調査を行います。

これができれば、コンサルティングにおける経費も抑制できます。

今でも、沖縄訪問時は、滞在中に複数のマンションが予定を合わせて、調査や会合を行ってもらう約束で、出張経費を按分することにより、経費を抑えていますが、この方式なら、経費は通信費のみとなり、更にコストが下げる!

移動時間のロスもなくなります!(と言っても、飛行機の中でも、ずっと仕事をしてますが(笑))

更に、その合間を縫って、愛知県・岐阜県・長野県の顧問先マンションの総会や理事会にオンライン参加もできます。(笑)

距離という壁を取り払えるコンサルティングのノウハウをどんどん蓄積しています。

【ブログ4736日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ