FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

ある管理組合の役員さんからの質問です。

Q:「定期総会の管理会社の業務報告に、清掃に関して、「別表のとおり適宜実施」と書いてあったが、その別表が付いていない。そこに書いてあるか?と聞いたら組合員に配布される重要事項説明書には書いてないが、理事長が持っている管理委託契約書には書いてあるという。これは業界では通例なんでしょうか?

今年役員をやってみて、管理委託業務に関するトラブルもあり、このように、内容が正確に提示されない状況は、よくないと思います。管理会社への不信感も増幅してしまいかねないと、懸念します」

【アバイス】
管理会社の清掃に関しては、組合員への説明は、「重要事項説明書」のレベルが一般的で、勤務曜日と清掃時間程度です。

管理委託契約書には、より細かな清掃仕様書がかかれていますが、理事長に交付されるのみです。

中には、重要事項説明書と管理委託契約書とをセットで配布する管理会社もありますが、誰も読まないモノを費用をかけて配布することの無駄を指摘される傾向があります。

で、結局、管理会社にお任せで、誰も知らない訳です。

他の業務も同じレベルの情報開示です。

当社は、
「費用対効果を検証していないまま、多額の委託費を払い続けてますよ」
と啓蒙し続けていますが、多くのマンションは、表面的には、困っている訳でもなく、馬耳東風になります(苦笑)

この状況に違和感を感じ、「目覚めた組合」だけが、当社のようなプロを雇い、検証し、適正な管理仕様&適正な価格を手に入れることができるという訳です。

当社が、管理委託契約の中身を調査し、検証結果を解説すると、どのマンショでも、目からウロコの状態になりますよ。

【ブログ4734日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】