FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日、我が家の上階の子どもが走り回る件を書きましたが、妻から、今朝、「昨夜は1時半まで走り回っていた」との話。(苦笑)

実は、以前、2段階で、騒音ストップの働きかけをしています。

1度目は、まだ、二女が自宅から大学に通っている時期で、勉強にも支障があり、管理会社を通じて、どの部屋か特定しない表現で、「夜間の子供のドタバタの走り廻りの防止」を依頼する周知文を全戸に配布したもの。

それから間もなくあった総会で、出席者の一人からこの周知文に対しての発言で、「子供が、走りまわるのは当たり前で、それに目くじらを立てるべきじゃない」と言う批判がありました。

夜の22時を過ぎても、ドンドンという音やカンカンという音は、録音してはっきり聞こえるほどでしたから、当事者じゃない人からすれば、想像できないのだろうなぁと思いましたね。

2度目は、その周知文が出ても、まったく改善される様子がなかったので、管理会社を通じて、「下の階からの直接の申し入れ」と言う形で、伝えてもらいました。

その時は、すぐに、上階の方が、お詫びに来られ、その後、しばらくは、多少、騒音は減りましたが、やがて元に戻り、今は、冒頭で述べたように騒音が増えている状態ですね。

私は、自宅でも、毎夜、遅くまで仕事をしていて、時には、イヤホンで音楽を聴いているので、そもそも、あまり気にならなかったのですが、最近、在宅の仕事が多くなっていると、午前でも、午後でも、夜でも、音がしているのだなぁと気づいた次第。

もしかしたら、他のマンションでも、新型コロナ問題で、自宅にいる子供の騒音問題が出ていることがあるかも…。

【ブログ4712日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ