FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」

■私の好きな言葉■ 
大物とは,他人を大物にできる人

こんにちは。

前回のメルマガで
新型コロナウイルス問題で
総会延期ができるか?
について、書きました。

その趣旨は、

◎区分所有法では
1年に1回開催することが定められ
管理規約では新会計年度開始後から
〇カ月以内に開催すること
と定められており
緊急時は、定期総会を開催しなくて良い
(延期して良い)という条文がない。

◎区分所有法では、総会を開催しないと
罰則がある。

◎総会を開催する際には
書面決議と議決権行使書の混同はNG。

◎開催するとしたら
こういう案内文にすると良いですよ。

とアドバイスしたものです。

標準管理規約を出している国土交通省が
何らかの通達を出さないのかな?と
見ていたのですが、法務省民事局から
「区分所有法」の解釈で、総会の延期は
可能だというNEWSが出ました。

「NEWS」と書いたのは
「通達」という書式ではなく、HPで
そういう表記になっているからです。

以下、転載します。

マンションの管理組合等における集会の開催について

新型コロナウイルス感染症の影響により
管理者が選任された管理組合又は管理
組合法人において、前年の開催から1年
以内に建物の区分所有等に関する法律
(以下「区分所有法」といいます。)上の
集会の開催をすることができなくなった
場合について、以下のとおりお知らせします。

区分所有法においては、管理者又は
理事が少なくとも毎年1回集会を招集
しなければならないとされ、集会において
毎年1回一定の時期にその事務に関する
報告をしなければならないとされていま
すが(区分所有法第34条第2項、
第43条、第47条第12項、第66条)、
前年の開催から1年以内に必ず集会の
招集をし、集会においてその事務に関する
報告をすることが求められているわけではありません。

したがって、今般の新型コロナウイルス
感染症に関連し、前年の集会の開催から
1年以内に区分所有法上の集会の開催を
することができない状況が生じた場合
には、その状況が解消された後、本年中
に集会を招集し、集会において必要な報告
をすれば足りるものと考えられます。


(以上)

つまり、1年に1回の集会開催は
1月1日から12月31日の間で
1回開催すればよいという意味です。
(昨年は1月1日に開催し、今年は
ほぼ2年後の12月31日開催しても
良いのか?というややこしい話は抜きにします)

これであれば、4月に予定していた総会を
7月に開催しても、法律違反にならず
罰則がないので、ほっとします。

ただし、管理規約には違反します。

法務省から見れば、管理規約は国の法律
じゃなく、国土交通省の管轄だから
その点には触れないでモノが言える(笑)

とにかく、少なくとも、法律違反ではない
ことさえはっきりすれば、管理規約の話は
私的団体のルールと割り切ることもできます。
(管理規約と区分所有法との関係は?とか、
マンション管理士が、管理規約を軽んじて良いのか?
というややこしい話は抜きにします)

従って、総会を延期すると決めたら
後々もめないように
「総会を延期することで起きる不都合や心配ごと」
について、組合員が納得できるよう
対処すれば良いでしょうね。

その代表的な項目は
◎決算と予算
◎管理会社やマンション管理士との契約更新
◎役員の交代
◎工事の実施

上記について、総会開催時期に
きちんとした説明資料を配布し
「暫定的にこのように進めるが、
総会開催時に正規の承認を得ること」
を予告する。

「決算」は、例年の決算書と説明資料で良いでしょう。

「予算」は、毎年繰り返される
定額・定常的支出のみの予算書で進める。

「管理会社やマンション管理士との
契約更新」は、基本的に従来と同条件で
総会までの暫定契約とする。

「役員交代」は現役員が定期総会まで継続する。

「工事の実施」については
急を要する工事のみを理事会判断で実施する。

逆に言えば、組合員間で賛否が分かれる
ような議案を見切り発車で先行実施しない。

この考えは、仮に、定期総会を開催し
できる限り、委任状や議決権行使書での
議案承認を促す場合にも共通します。

いずれにしても、前回のメルマガでも
今回のメルマガでも、私は一律に
総会開催をすべき、あるいは延期すべき
と主張しているものではありません。

それぞれの決断は、個々の組合の事情で
行うものであり、その決断に際して
気を付けるべき点をアドバイスするものです。

もちろん、顧問先からの個別の相談では
その組合の事情が分かっているので
もっと踏み込んだアドバイスをしていますが。。。

新型コロナウイルス問題については
他にも
「組合が行なう新型コロナウイルス対策はどうあるべきか?」
についての質問も頂いています。

この問題も、医療的な見地からの話は
できないので、難しいのですが
議論していくと、いくつか見えてくる視点
がありますね。

機会があれば、それも、メルマガで書きたいと思います。

■バックナンバーは、こちらからどうぞ

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事マンション管理士 馬渕裕嘉志

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ


【ブログ4658日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】