FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日配信したメルマガは、役に立ったというメッセージをいくつかいただきました。
中には、「馬渕さんは、総会の開催賛成派なんですか?」という反応もありました。

昨日のメルマガで、「開催すべき」と書いたつもりはなく、「法律にも規約にも、緊急時は、定期総会を開催しなくて良い(延期して良い)という条文がない」と述べた上で、書面決議と議決権行使書の混同はNGですよ!という点を踏まえて、開催するとしたら、こういう案内文にすると良いですよ、とアドバイスしたものです。

では、延期するかどうかの判断は何を基準にすべきか?延期にはどんな手続きが必要か?
については、結局、法律にも規約にも書いていないので、どこにも正解がないです。

例えば、国(国土交通省)が、
当面、「定期総会をルール通りに開催しなくても良い(自粛するように)」
という通達でも出してくれれば、それがよりどころになりますが。

では、実際に定期総会を延期したいという相談があったら?
考察としては、
1、その手続きを考える
2、延期による影響を考える
3、2の対策を考える
という順で考えてみますね。

【ブログ4657日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】