FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

顧問先マンションで、オートロックインターホンが耐用年数超えの時期となり、故障維持の部品も間もなく底をつくという知らせがありました。

そこで、管理会社が現行と同メーカーの担当者を連れて、自社の元請け工事で提案。
「競合会社の見積も取ったが、高かったので」というストーリです。

オートロックインターホンは、国内2大メーカーの世界なので、商流と価格の統制が容易であり、一度でも、管理会社から見積りが出されたら、組合側が自分たちで相見積もりを取ろうと思っても、それ以上に安い見積りを取ることは、至難の業です。

従って、管理会社にとって「おいしい工事」の典型で、フロント担当者は、会社から受注してくるようにしっかり言われているとのこと。(笑)

しかし、MAKSには、管理会社と別ルートの商流を秘かに確立してありますので、管理会社よりもかなり安い見積りを取ることができます。

今回もそのパターン。

ただ、最終的に管理会社も価格を頑張り、2大メーカーの価格がほぼ同レベルに下がったので、その2社に来てもらい、30分ずつのプレゼンをしていただいて、住民投票で決めることにしました。

50戸のマンションで、500万円を超える価格ですからね。

今朝、そのプレゼンが行なわれ、無事、1社に決まりました。

【ブログ4643日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】