FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨夜、顧問先の理事会から帰宅したのが21時半。
それから食事をして、テレビでニュースを見ながら休憩し、立ちあがったところで、めまい。

座椅子で少し休んでいたが、気分が悪くなり、ベッドへ。

ところが、更に、体調が悪くなり、何と、天井がぐるぐる回り始めた。

やばい!と思い、妻を呼び、買い物用のビニール袋を用意してもらったら、間もなく、激しい嘔吐。

どんどん悪くなる体調。

幸いなことに、救急外来のある岐阜県病院まで我が家から5分なので、電話を入れた後に、妻の運転で向かう。

こういう時の車の動きは、めちゃ気持ち悪い。
自動車の中でも、嘔吐。

多分、23時頃。

妻が素早く対処してくれたことに感謝しつつ、生まれて初めての異常な体験で、一瞬、「脳に異常があるのか?」と頭を過ったが、「自分には、マンションを救う使命があるので、神様は自分を死なせないはず!」と何度も言い聞かせる。

病院に到着したが、そこでも嘔吐。
この時になると、胃液しか出ない(笑)

診察に掛かるまで10分程度だが、この時間は長い(´;ω;`)ウゥゥ

最初に、脳梗塞の問診。
次は、CT検査。
続いて、血液検査。

点滴投与。
吐き気止め投与。

気づいたら、夜中の3時だが、まだ、気持ちが悪い。

そして、診断結果は…どこにも異常らしき数値がない。(笑)

「かなり強いストレスと疲労の蓄積かも?」との診断。

「やっぱり、使命があるから、簡単には死なない!」と思う反面、
「こんなに辛いのに、異常なしって、どういうこと!?」(笑)

確かに、この一週間は、会社の決算の締めで、経理の仕事が大量にあり、各コンサルタントからの業務チェックも大量にあり、コロナ騒動の中、沖縄のセミナーをどうするか?を熟考しており、知らぬ間に、身体には負荷がかかっていたことは間違いないでしょう。

自分には「疲れた」「悩む」という意識は全くなく、「半端なく充実している!」としか思えないのですが、過信は良くないと知らされました。

病気じゃないので、病院には入院せず、明け方に戻りましたが、まだ、頭がジーンと痛くて、会話も辛い。
ラインで他のコンサルタントに連絡し、今日は、会合への出席を任せ、自宅療養。

顧客からの電話に出る以外は、ベッドに横になり、午後からは深い眠りに。。。

あらためて、チームで仕事をすること、仲間のありがたさも実感しました。

夜目覚めたときは、すっきり、食欲も回復。
早速、バリバリとパソコンで仕事開始!(笑)

でも、やっぱり、私はタフだよね!と言う体験でもあったかも(笑)

【ブログ4641日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ