FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」

■私の好きな言葉■ 
どんな時も前向きに考えるだけ

明けましておめでとうございます。

昨年の年賀状は
「昨年は、人生で最も多忙な1年でした」
から始まっていました。

その時は、これ以上の多忙な年は
もうないだろうと思っていました。

しかし、実際は、昨年は更に忙しくなり
今年の年賀状の冒頭は
「昨年も、『人生で最も多忙な1年』の記録を更新しました。」(笑)


その理由として年賀状に書いたのは
3点ですが、メルマガでは字数制限が
ないので、5点書きます。

1、コンサルティング件数が100件超

管理組合からのコンサルティング依頼は
一昨年が16物件85案件。
これが、昨年、22物件112案件に増加。

当社に相談いただく内容は
大規模修繕工事に関するものが
一番多いのですが、実は
「管理」と「組合運営」の改善を
行わないと、長期的な財政破綻が起きる
マンションがほとんどです。

それを知らずに、単に
「大規模修繕工事を成功させましょう」
という管理会社や他のコンサルタント
からの提案を受けることの恐ろしさを
当社の勉強会と組合資料の分析で知ると
ほとんどの組合から、複数あるいは総合的
なコンサルティングを依頼されます。

その累計が112案件。

創業以来、初めて年間100件超えの契約
数となりましたが、実際には、もっと多く
の依頼を受けています。

何故なら、過去に一度
何らかのコンサルティングを行った
マンションの大半から、引続き、顧問契約
を依頼され、理事会や総会に参加し
色々なアドバイスを提供していますし

更に、そこで生じる個別案件の
コンサルティングも依頼されるので
それらを加えると、200案件に迫ります。

現在、
2ヵ月先まで相談やコンサルティング
予約が90%以上という状況で
新たに引き受けられる案件を増やすため
コンサルタントの育成やスキルアップが
今まで以上に急がれる状況です。

2、沖縄管理組合支援プロジェクト

2016年12月に
沖縄のライオンズマンションから
初めて依頼を受け、1年間かけて
管理と長期修繕計画の改善を行いました。

そして、その成功実績を元に、昨年3月
沖縄で初の組合向けセミナーを開催。

それから、わずか9カ月で、
6組合34案件のコンサルティング契約へと進行。

沖縄第1号の契約先マンションで
プロジェクトの中心者であった友寄氏が
会社を辞められ、今春、
「活躍できるマンション管理コンサルタント養成塾」に入塾。

6カ月間、毎月、名古屋まで通い
40時間に及ぶ座学と
100時間以上のOJTを経て
昨年12月に
「認定マンション管理コンサルタント」
の資格を取得。

昨年5月以降、沖縄での活動を
「沖縄マンション管理組合支援プロジェクト」
と命名して、私と辻一級建築士は
毎月5日間ほど沖縄に出張し、友寄氏の
現地サポートを受けて、コンサルティングを行っています。

更に、この1月からは
京都でも第1号のコンサルティングが
始まります。

3、長野プロジェクト

長野は、私が中電の新入社員として
2年間過ごした想い出深い地です。
 
2016年に、長野エリア第1号の
コンサルティングを松本市で開始。

その後、長野在住の長町氏が、会社を辞め
認定コンサルタントの資格を取得。

2018年の秋に、長野市で第1回の
セミナーを開催。

現在までに、5マンション、30案件の
コンサルティングとなっています。

毎月、長野・松本・諏訪のいずれかに
出張があり、松本では、馴染みの焼き鳥屋
ができたほどです(笑)

4、トラブル解決案件の増加

ここ1年で、組合と管理会社や新築販売時
の不動産販売会社・建設会社とのトラブル
の解決コンサルティングが一気に増えました。

それらは、次のパターンに分けられます。
・自分たちで交渉してきたが、限界がある
・管理会社を通じて交渉しているが
満足の行く答えが返ってこない
・2年目や10年目となり、販売側に
モノが言える専門家に建物の不具合が
ないか、見てもらいたい
・大規模修繕工事の建物調査で、新築時
の設計又は施工の不具合が見つかった

こういった問題は
1、2度の交渉で終わるケースは少なく
相当高い専門性が必要である一方
非弁行為(弁護士でないものが、弁護士
業務を行ってはならないという規定)に
抵触しないギリギリの範囲で解決の支援
をするので、すべて、私と辻一級建築士の
専属案件としています。

辻一級建築士も、当社認定コンサルタント
ですが、元々は、新築マンション設計を
1000件以上手掛け、その後、共用部
だけでなく、各室の改修分野の設計も多数
行ってきたマンション建築分野のプロ。

今ある建物の不具合が
劣化の範囲なのか?
初期不具合の可能性があるのか?
を見極める能力が極めて高く
実は、3年前に当社の門を叩く前から
数多くの建築トラブルを解決してきています。

ただし、重箱の隅をつついて
トラブルを見つけ、大げさにするのではありません。

組合側で負担すべきでない不具合が
見つかったら、相手がどれだけ巨大な会社
であっても、全力で対峙すると決めているだけです。

5、福島正伸先生の講座6期目を開催

私の起業の師であり、メンターである福島正伸先生の
「究極のリーダーシップ養成講座in名古屋」
も6期目も開催することができました。

こちらは
マンション組合向けコンサルティングとは全く違う分野です。

会社としては、この講座開催に使う労力を
マンション業務に注げば、その分の負荷は
確実に減ります。

しかし、
今の私の起業家としての基礎は
福島先生からの学びにあり
マンションとは異なる分野であっても
「世の中を良くしたい」
「多くの人を幸せにしたい」
との熱いハートを持って生きる人材を
育てることは、現在の私の成功に対する
社会への恩返しだと思い、継続しています。


以上、昨年を振り返れば
まずもって、沢山の管理組合から
当社を指名頂いたことに深く感謝。

そして、当社の
「認定マンション管理コンサルタント」
が成長し、多くのマンションを救える
チームになったことが大きな喜びです。

良い仕事を一緒にできる
沢山の協力会社や人との出会いに
恵まれたことも、大きな喜びです。

そして、
家族の理解と支えで、
思い切り仕事に邁進できることに
心から「ありがとう」を言います。

今年も、よろしくお願いします。

令和3年の年賀状も、
「昨年も、『人生で最も多忙な1年』の記録を更新しました。」
と書くような予感がします。(笑)

(新春の勉強会のお知らせ)
■2019年秋・冬シーズン
【一日で学べる!!管理組合向けマンション大規模修繕・管理改善・修繕積立金成功セミナー】

第1部 セミナー(90分)
第2部 個別相談会(ご希望の方)

講演内容
1、談合が止まらない大規模修繕工事の「からくりに負けない方法」とは?
2、住民が知らない管理会社任せの「マンションの落とし穴」とは?
3、値上げに頼らず修繕積立金の「資金不足を解消」する5つのステップとは?

名古屋会場
1月11日(土)13:30~15:30

金山会場2
1月13日(月・祝)14:00~16:30

申込ページはこちら

■バックナンバーは、こちらからどうぞ


□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事マンション管理士 馬渕裕嘉志

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ


【ブログ4582日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】