FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

半年前に作成した長期修繕計画について、マンションに存在しない設備が入っている、存在するはずの設備が入っていないとの連絡。

改めて、確認すると、確かにその通り。

この作成の時期は、複数の長期修繕計画作成が重なり、コピペを間違えたのだろうと思います。

しかし、マンションの規模や設備に対比して、工事費の累計に違和感がなく、修繕積立金に、管理コスト削減による資金シフトを織り込むことで、当初予定より低く抑えることができ、全体のバランスがイメージ通りだったため、内訳の項目の精査をシビアに行わなかったのが、今回の失敗の原因です。

急遽、やり直しましたが、正しいものに入れ替えても、工事総額はほぼ同じで、修繕積立金の改定幅には影響しませんでした。

そもそも、長期修繕計画は、向こう数十年の工事費を算出するので、項目別の金額も工事周期も、アバウトであることは否めませんが、逆に、全体像を掴むという点では、50以上の長期修繕計画を作ってきた「勘」が当たっていたということで、その意味で、自分の自信におぼれた「慣れ」による失敗です。

これは大いに反省すべきで、二度と同じ過ちを繰り返すまじ!と固く決意しました。。

今回の失敗の教訓を生かして、次回以降のチェック体制を強化する機会を頂けたと感謝しています。

【ブログ4466日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】