FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

保険の申請をしたけれど、保険会社から依頼された鑑定人が見積りを査定して、満額認められないというケースがあります。

「鑑定人」などと書かれた査定書が届くと、あたかも、公的なジャッジが下されたように感じてしまうようようで、普通は、そこで、「仕方ないですね」となるようですが、私は、これまで、何度も、その鑑定に不服を申し立て、当初見積通りの金額認定をしてもらったことが何度もあります。

中には、申請額100万円の半額50万円しか認められなかった事故に対して、きちっとした申立書(理由書)を書き、ほぼ全額認められたケースもあります。

当社は、保険選定コンサルティングを行いますが、保険会社の代理店ではないので、事故が起きた時には、今度は、保険会社とは利益相反になっても、構わないんです。

保険代理店業を行う管理会社とは、そこが大きく違うところで、常に、組合メリットを最大にするために頑張ります。

今も、そんな案件を複数抱えてます(笑)

【ブログ4461日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】