FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

最近、自主管理マンションから各種の相談が、多く入ります。

管理会社を入れることも考えているが、管理会社を入れると、「良いようにやられてしまう」抵抗感が強く、多数決を取るところまで行かない…と言う悩みも。

これは、「多数決を取れば、賛成者が多いことも予想されるが、管理会社が入ることで、組合の財産が管理会社のために使われてしまうかもしれず、そうなったら、自分たちが、管理会社を入れようと提案したことが、後々の責任問題になる」と言う危惧があるということです。

正確に言うと、管理会社の提案に対して、太刀打ちできないという心配です。

では、今は、どうか?
管理会社はいなくても、各専門業者はいる訳で、そこからの提案は、案外、ゆるゆると通ります。

私が拝見した各種専門会社との契約や工事提案を見ると、相当高い。
かつ、発注先は固定化。

これは、ある時期、業者選定に苦労して、安くて良い業者を見つけ(つもり)て、組合が助かった!その功労者への義理もあり、その後、比較することができなく、「その業者を指名し続けるのは、より良い工事をより安くやってくれるから」と言う大義名分が、ずっとあったから。

そして、当社が、実際は、高い買い物をしてますよ!と指摘すると、反発が出るケースもあり、せっかくの改革の機運が、一人の声の大きな「ご意見番の一言」で沈みます。

自主管理マンションは、管理会社に頼らない分、お金も溜まりやすい傾向もありますが、それに甘んじて、長期修繕計画作成がきちんとできていないケースもあります。

自主管理マンションでも、マンション管理士がついて、運営を健全化することで、財政も安定するのでは?と思います。

また、小規模マンションでも、相手にしている業界は、工事・建築・保守業界で、それは、プロ側であって、それに対抗するには、マンション管理士顧問が必要です。

実際に、私は9年もの間、ずっと顧問をしている小規模の自主管理マションがありますが、その効果で、修繕積立金の値上げなく、健全財政を保てているマンションがあります。

ただ、ビジネスで言えば、「同じ顧問をするなら、20戸のマンションより、100戸のマンションをする方が、手間に対する報酬の効率はずっと良い」のは事実で、金儲け主義のマンション管理士はNGです。

MAKSのように、「大規模マンションの改善は、腕がなくても改善できる。小規模マンションを救えなければ、マンション管理士の存在意義はない」と明確に方針を打ち出しているチームに頼むことをお勧めします(*^^)v

追伸
インフルエンザでも風邪でもなかったので、丸一日、休養し、二日目は、自宅でパソコンで仕事をし、夜には、平熱に下がりました。インフルも風邪もうつす心配はないので、明日から、出社です!

【ブログ4241日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ