FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

先日、全国に出店を拡大し、今や200店舗を超える「串カツ田中」の決算発表がありました。

日経ビジネスオンラインが、それを次のように解説しています。

「全席禁煙後も業績は好調に推移している」。居酒屋大手の串カツ田中ホールディングスの貫啓二社長は、16日13時に始まった決算説明会で、満足げにそう語った。

 2018年11月期の連結決算は、16年に上場して以来、実質的な3期連続の増収増益(営業利益ベース)となった(17年11月期までは単独決算)。既存店売上高は前期比2.6%増だった。

 今回の串カツ田中の決算は、発表前から多くの居酒屋チェーンの注目の的だった。同社は18年6月、200ほどある店舗のほぼ全てで「全席禁煙」に踏み切ったからだ。

 20年4月に飲食店の店内での喫煙原則禁止を定めた改正健康増進法が施行されるが、串カツ田中の対応は法令で定めるより厳しい。「アイコス」など加熱式たばこも含めて全面的に喫煙を禁じ、喫煙ルームすら設けない徹底した対応をとった。



同社は、住宅街に出店の重点を置き、ファミリー層をターゲットにする戦略で成功していると言われていますが、私が、以前、実際に行ったのは、名古屋市の伏見のオフィス街。平日17時過ぎの開店間もない時間に行ったのですが、既に、満席に近い状態。

若いビジネスマン、女性が席を占めていました。

どんなにいいお店でも、喫煙が許されるお店は、せっかくの料理の味が台無しです。
そもそも、料理を作るプロなら、自分の出す料理の味が変わる喫煙を許していること自体、プロなのか?と疑いたくなります(言いたい放題モードですので、喫煙者の方は、気にしないでください(笑))

串カツ田中には、喫煙室すらないのですから、「禁煙にすると、来客が減る」と言う通説を見事に覆していることに拍手です。

これからも、こういうお店が流行って、「飲食店は禁煙」が当たり前の世の中になって欲しいなと願います。

【ブログ4233日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】