FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

あるマンションで、大規模修繕工事コンサルタントを選定するために、数社を呼び、まずは、概算予算とざっくりした会社の特徴を聞きたいとのリクエストがありました。

当社は、基本的に、「順番で短時間のプレゼンコンペで決める方式」の依頼は、お断りしますが、今回は、ある人の紹介であったこと、初回のプレゼンは30分だけれども、本格的なプレゼンは、後日、じっくり聞くとのことだったので、マンションに伺うことにしました。

プレゼンのタイトルは、
「良質な大規模修繕工事を安価に行い、長期間安心して、快適で豊かなマンションライフを実現するためのご提案」

大きなマンションなので、20名近くの修繕委員がいて、いざ、話し出すとなったときに、「今日は、20分の説明と10分の質疑応答で」

「えっ!?30分のプレゼンじゃないの???」

スライドは、27分間で収まるように作成してあり、数回、頭の中でリハーサルを行い、話す内容も決めてありましたが、寸前で7分の短縮(~_~;

こういう時は、スライドそのものをスキップするか、説明内容をスキップするかの選択になります。
今回は、初めてのスライドも3分の1くらいあり、ストーリーを組み立ててあったので、リハーサルの時の記憶を頼りに、内容をスキップすると決めて、開始。

スライドの進み具合と時計を見ながら、終えてみれば、19分と45秒!

時間は見事に収めましたが、聞いていたスタッフからは、私の話が住民に十分伝わったかどうかは、「微妙」との評価。

いささか、焦ったのかも。
まだまだ、修行が足りないなぁと反省しました。

【ブログ4228日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】