FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日に続いて、今日も、箱根駅伝を見てしまいました。
東海大の初優勝、おめでとうございます!
箱根駅伝

それにしても、2日続けて、5時間もテレビを見たのは、ここ10年で初めてじゃないかな?(笑)

毎区間ごとに、過去の区間記録と今回の記録とが比較されますが、長い歴史の中で、何十年振りと言う区間新記録が出るのは、不思議です。

トラック競技のように、グランドの床材が進化したり、道具が進化したり、人間工学的な訓練で無駄のない動きになったり、と言う要素は、かなり小さいと思います。

記録を伸ばす要素としては、シューズの進化はあるでしょうが、圧倒的に気候条件の方が影響がありそうで、過去と比較し、今年が最良の条件だったということもないでしょう。

でも、新記録が出る…。

これは、
・監督を乗せた伴走車から、リアルタイムで「区間記録が出そうだ」とか「他のランナーとの距離が縮まったぞ」とかスピーカーで情報が届き、気持ちが入る。
・他のランナーと競ることで、いつもより力が出る。
・自分のためではなく、チームのため!という力が出る。
と言うような、主に「気持ち」に影響する要因が、毎回、毎区間異なるので、本人が持つ走力とは異なる力が働くのだろうと思います。

人間は、気持ち次第でそれまでの限界を超えることができるのだなぁと、良い刺激をもらいました。

ただ、残念なのは、母校の早稲田大学が、十数年ぶりに来年のシード校枠10位に入れなかったこと。

来年は予選会からの出場になりますが、是非、突破して、本選に出場して欲しいと願います。

ちなみ、ライバル校の慶應義塾大学は、そもそも駅伝に出ません。
その理由は、「慶応ボーイには、ああいった苦しい競技は似合わない。箱根に行くなら、小田急ロマンスカーに乗って行くからね」と、昔から言われているようです。(笑)

【ブログ4219日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】