FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今年は、2日に恒例のゴルフがないので、箱根駅伝をずっとテレビで見ていました。

5連覇を狙う青学。
昨年の往路優勝から逆転されて、今年こそは総合優勝を狙う東洋大。
私の母校の早稲田。
等に注目していましたが、毎区間ごとに、順位が入れ替わる面白さは、見ていて飽きさせませんね。

ダントツの走りで、7人抜きなんてのもありますが、総合的な実力のあるチームは、全員が強く、かつ、区間ごとの相性があって、その強さの発揮度も違うので、個人の走りとチームとしての成績のリンクに目が離せない。

「タスキをつなぐ」ことの物語は、制限時間内にギリギリ渡せたチームと、逆にギリギリ間に合わなかったチームとで、悲喜こもごもな物語が起こるので、この点での感動も箱根駅伝の大きな魅力ですが、私が一番感じたのは、「チーム力は何か?」と言うことです。

いかに、実力者を揃えても、全員が区間1位を取ることは無理です。
区間ごとの距離も違うし、アップダウンも違うので、前走者までの貯金がものをいうケースや言わないケース、遅れの取り戻しができるケース、できないケースがある。
下馬評が高いランナーが、その通りの走りができるときもあれば、無名のランナーがとんでもない記録を出すこともある。

各自の強みができる限り発揮され、総合的な力が最も優れていたチームが優勝できるのだろうと思います。

これは、ビジネスでも共通していますし、MAKSのコンサルティングでも、同じです。

MAKSは、法律、ファイナンス、不動産、建築、実務などの専門家が揃っていますが、その総合力を如何にうまく発揮できるかで、日本№1クオリティのコンサルティングが提供できるかどうかが決まる…改めて、チーム力を高めることの重要性に気づかされましたね。

【ブログ4218日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】