FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

この週末は、岐阜の50戸規模マンションで、大規模修繕工事会社選定のためのプレゼンコンペと、名古屋市の80戸規模マンションで、機械式駐車場・エレベーター保守点検会社を選ぶプレゼンコンペを実施。

どちらも、私と棚橋コンサルタントのコンビでファシリテートしました。

選ぶ側の住民は、その分野の知識や経験は、ほとんどありません。
中には、建築業界にいた人もいますが、基本は新築の知識で、修繕とは「似て非なるもの」の要素が多くあります。

また、マンション管理組合の意思決定は、どのマンションでも、すべて、多数決です。
つまり、知識や経験のない人の賛成多数で決定するという、危うい決め方をせざるを得ません。

だからこそ、組合の皆さんが賢く適切に決定できるように、「決定のプロセス」をステップバイステップに整え、入札社が平等なプレゼンができるよう基準を定め、採点項目と採点基準を指南し、最後、単純な投票だけではなく、議論を重ねて、最終1社に決定できるよう私たちがファシリテートします。

このためのツールやノウハウは、統一してありますが、それがあれば、マンション管理士なら誰でもコンサルティングができるものではありません。それを的確に使えるような専門の訓練が必要です。

MAKSの養成塾で学ぶ1年間の訓練期間の中で、私又は先輩コンサルタントが行っている現場を見て、学んでいきます。

で、今回は、棚橋コンサルタントが主にファシリテートを行い、私がサポート役。
いずれも会議はスムーズに運び、無事、決定しました。
橋さん 司会

そして、いずれのマンションも、価格の安さだけに囚われず、賢い選択をされたと思います。

【ブログ4186日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています