FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)


熱心に、管理組合活動を支える人の中に、時々、「管理会社に任せると、いつも割高な工事見積りが出てくるから、自分で、見積りを取る」という人がいます。

気持ちは素晴らしいし、管理会社へのけん制にもなりますから、悪いことではないと思います。

ただし、多くの場合、その分野の専門知識も経験もないため、「複数の見積りを取れば、内容はわかってくるし、競争で価格も安くなる」と考える人がいます。

これ、かなり危ないです。

専門でない人が、いくら複数の見積りを取っても、材料の選択、工法、工事品質、安全管理、住民調整、保証まで、「工事の準備時点から、完了後のアフターまで」を見通して、価格と価値を正しく比較することは、かなり、困難です。

自分のプライベートな話であれば、自己責任で済みますが、組合のお金=公金を使う話ですし、工事中の安全やアフターまで、一定の品質が必要です。

結局、「何となく、同じに見える状態」で比較すると、最後は「安さ」で選ぶことになり、後になってみて、「安かろう、悪かろう」だったと後悔することになりかねないですね。

そうなると、選択当時は、「安くできた」とその努力に感謝された人が、「安易な選択で組合に迷惑をかけた」と非難されることになり、お気の毒としか言いようがありません。

住民自ら知恵をつけて、自主性を高めることは、大いにチャレンジして欲しいですが、トライされるのであれば、それなりの覚悟で、きちんと勉強するとともに、相談できる専門家を持つことが大切でしょう。

【ブログ4151日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています