FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

厚生労働省が9月28日発表した2018年版「労働経済の分析」(労働経済白書)によると、非管理職の会社員の6割が管理職になりたくないと考えていることが、わかったそうです。

調査対象は、役職に就いていない社員。

彼らに、昇進への考えを調べたところ、「管理職以上に昇進したいとは思わない」が61・1%に上り、「管理職以上に昇進したい」は38・9%。

独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が、今年2~3月に正社員を対象に実施した調査(1万2355人が回答)を、厚労省が分析したのですが、その背景として、管理職の負担が増えていることがあげられています。

昇進を望まない理由(複数回答)では、
「責任が重くなる」が71・3%で最も多い。
「業務量が増え、長時間労働になる」が65・8%、
「現在の職務内容で働き続けたい」と「部下を管理・指導できる自信がない」が57・7%で続いています。

「責任が重くなる」のは、その分、権限が増え、やりたいことができる場面が増えます。
給与も増えますので、魅力のあることだと思うのですが…。

気になるのは、「部下を管理・指導できる自信がない」への恐れが大きいこと。

私が電力会社で新卒の採用を担当していた頃は、若者を「新人類」と呼んで、「何を考えているかわからない」「価値観が変わった」ことの対応を迫られていましたが、今の管理職は、その時以上に、若者への指導に戸惑いがあり、それを見ている若者が、「こんな管理職になりたい」と思える人がいないのかもしれません。

であれば、自分より、若い世代が、自分の部下になったときに、どう接したら良いのかわからないですよね。

集団で暮らすときには、リーダーが必要だと思うのですが、誰もリーダーになりたがらない社会は、どうなってしまうのか、それこそ、過去に経験がなく、想像できません。

「大人が、魅力あるリーダーになること」が、必要なのだろうと思いますが、「魅力あるリーダーとはどういうリーダーか?」から考えないとね。

今、福島正伸先生の「究極のリーダーシップ養成講座」の受講中なので、この問題に、敏感に反応した次第です。

【ブログ4127日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています