FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.151

■私の好きな言葉■ 
「学ぶ」とは、行動を変えること

こんにちは。

実は今日は、
「60日間起業家肉体改造プログラム」
の最終日です。

今まで、ネットや本やテレビ番組を見て
ダイエットの成功経験はあり、見様見真似
でも、うまくできるという自信を持っていました。

基本、摂取するカロリーより、
出ていくカロリーが増えれば、
体重は減る!でしょ!の方程式。

だから、
食事=カロリーを抑えるために、
朝は、コーヒーのみ。

昼は、有名なダイエットスープ。

炭水化物は控える。

毎日、いつもより1時間早く起きて、1万歩歩く。

スクワットやアレイを使っての筋トレ。

と言う要領

毎年の人間ドッグを目途に、これらの努力を行う。

ただ、ここ数年は、毎朝早く起きることで
生まれる時間も、すべて仕事に費やしてき
て、人間ドッグの日を目標にするダイエッ
トができませんでした。

日常では、
毎日、スタッフが運転してくれる自動車で
の通勤ですし、仕事先はコンサル先マンシ
ョンなので、これも自動車で移動。

大規模修繕の検査で、足場を昇り降りすることが唯一の筋トレ(笑)

自分の理想の体重からは10%程度オーバー。

これではまずい!と感じながら過ごしていました。

そこで、出会ったのが
「忙しい起業家のための60日間肉体改造プログラム」
食事の質を変え、毎日の筋トレ10分間で
体重は10%落とせると書いてある。

成功率は90%の実績です。

このプログラムを購入すると、専用サイト
を見ることができ、筋トレは、動画が順次
アップされ、少しずつハードになって行きます。

毎日、専用のフェイスブックに、体重や
体脂肪率、筋トレの記録を書き込みます。

食事の写真とメニューをアップします。

これで、筋トレや食事の指導も、個別に受けられます。

これを60日間実践しました。

結果は、
9月1日(開始前)
体重74.5kg 体脂肪率22.3%
9月23日
体重72.1㎏ 体脂肪率20.5%
10月8日
体重71.1㎏ 体脂肪率20.1%
10月31日(60日後)
体重68.1㎏ 体脂肪率17.0%

目標は、10%のダイエットでしたが、
結果は、8%。

一方、体脂肪率は、23%減。

お腹周りは、かなり痩せ、体が軽くなったのが実感できます。

目標数値に達しなくても、
「肉体改造」という「目的」は、達したと思います。

今まで、これと同じ程度の効果を得るには
半年くらいかかってましたが、今回は、
食事や短時間で効果のある筋トレの指導
があったことで、年を取ったのに、
より早く効果が出ました。

今回を振り返ると、
同じ食事制限でも、
あるいは、継続的な筋トレでも、
内容やスケジュールが、今までの我流
と大きく違います。

以前は、
「食べない」「カロリーオフ」「炭水化物を控える」
を考えていましたが、最初の1カ月は
朝、しっかり取れ!と言われました。

玄米で良質な炭水化物を取り、脂肪が
燃える状態を作る。また、タンパク質
は、毎日、体重の10~15%程度を取る。

夕食は寝る4、5時間前まで。

ただ、私は、外食が多く、夜7時から
の会合も多いため、かなり大変。

期間中の半分くらいは、夕食が22時頃でしたね。

それでも、うまくいったのは、
家での食事は、妻に頼んで、
専用サイトにアップされた情報と
戸別のアドバイスを元にしたメニュ
ーにしてもらったことが大きいですね。

例えば、タンパク質を多くとるために
朝から肉にしてね!とリクエスト。

で、ハムを食べて、サイトにアップ
すると、インストラクターから、
「加工肉より、赤身にすると良い」
とアドバイスがあり、それ以降は、
赤身にしてもらう…という具合。

また、筋トレは、よく
「有酸素運動が良い」
と言われますが、それより、カロリ
ーを消費しやすい大胸筋をつけるた
めの負荷が掛かる筋トレをするとか。

結果、1日10分間程度の筋トレで
今や腹筋はしっかり割れています。

ただし、正確に、
このプログラム通りにできたか?
を振り返ると、恐らく、7割程度の
順守率だと思います。

それでも、ベルトの穴は、わずか
60日間で、三つ縮まりましたから
つくづく
「プロのノウハウと指導」
のすごさを知りました。

これって、マンションの管理適正化
プログラムも同じことが言えます。

何となく、見様見真似で、できる感じ
がしていても、マンション住民だけで
は、時間もかかるし、効果も小さい。

場合によっては、間違った選択をして
「悪かろう、安かろう」になる。

プロの力を借りて、実行することにより
より早く、より確実に、最大の成果が出ます。

大規模修繕工事も同じですね。

プロがやると、どう違うのかは、
下記の見学会、セミナーにお越しいた
だくと、きっと、実感できると思いますよ。

(おしらせ)
1、大規模修繕工事見学会
11月10日(土)
岐阜市茜部50戸のマンション

詳細な案内・申し込みは、こちら



2、2018年秋・冬の
「1日で分かるマンション管理・大規模修繕・省エネ成功セミナー」

下記8会場で開催です。
11月3日(土)9:30金山
11月18日(日)13:30千種
11月23日(金・祝)9:30長野
同上 14:00松本
12月5日(土)14:00豊明
12月9日(日)13:30岐阜
12月15日(土)14:00吹上
12月16日(日)13:30名古屋

詳細な案内・申し込みは、こちら


1度参加された方も、新ネタがありますし
今度は、同じマンションの人を誘って、
ぜひ、お越しくださいね!

■バックナンバーは、こちらからどうぞ

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事 マンション管理士 馬渕裕嘉志

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=mabuchi1234

【ブログ4155日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

2カ月前から始めた「起業家肉体改造プログラム」は、いよいよ締めを迎えます。

大規模修繕工事の検査で足場を昇り降りするときに、体が重いと感じたり、
新人コンサルタントの育成に、もっと体力も時間を欲しいと言う気持ちが強くなり、
何とか、体を鍛えたいと思っていたところに、このプログラムが登場。

 起業家は忙しい。
 だから、筋トレは、自宅で、1日10分。
 チームを組んでやるので、脱落が少ない。
 60日間で、-10%。
 成功は、90%以上
 返金保証。

セールストークにひかれて、安くない受講料を支払って参加。
9月1日から開始して、10月末で60日です。

さて、どうなったか?
明日、書きます(笑)

【ブログ4154日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

LEDに替えると、間違いなく、電気代は下がります。

理由は、照明器具の電力使用量が半分以下になるからです。
正確には、器具によって、30~90%も下がり、その合計が、全体の使用量の削減―電気料金の削減になります。

今まで、私が見た管理会社や電気工事業者からの提案は、「器具の提案」と「電気使用量が下がる=電気代が下がる提案」のみでした。

しかし、電気の使用量だけではなく、負荷カーブやデマンドが変わるため、実は、電気契約も同時に検討すると、更に、電気料金を安くすることができます。更に、動力の契約も見直すことで、ハイブリッドな電気料金削減も考えることができます。

契約変更には、電気工事を伴うのが通例なので、LED工事の際に同時にやれば、工事費は割安になります。

昨夜、総会を行った50戸規模のマンションでは、過去、管理会社の提案で、契約を変更したり、LED化もして、「もうこれ以上は下がりません!」という説明でしたが、当社の調査・分析の結果、年間で25万円も削減できる新メニューを提案。それにかかる工事費は、約50万円なので、わずか、2年で元が取れます。

こう言った提案は、元電力会社で電気契約を作る側にいたからこそできる「裏技」なので、思わず「ドヤ顔」になってしまいます。(笑)

【ブログ4153日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.150

■私の好きな言葉■ 
笑顔も感謝も努力も無限にできる

、こんにちは。

顧問先の築7年目のマンションで、
上階から水漏れの報告がありました。

水廻りの配管からの漏れですが、
台所や洗面台の下の扉を開けても、
漏れを見つけることができず、

床をめくって床下を見たところ、
スラブが全体的に濡れている状態でした。

と言っても、給水管から、ポタポタと
漏水している状態ではなく、いつからか
わかりませんが、給水管のどこかから水が
漏れ、床下に溜まり、それがコンクリート
の中に染みて、ついに下階の天井から漏水
した模様。

配管に穴が開いているわけではないので
接手からの漏水であろうと当たりをつけ、
まずは接手を交換した上で、マンション
販売会社に連絡し、現行品はメーカーで、
検査をしてもらうこととしました。

その結果は、接手の内径の樹脂キャップに
ミリ以下の亀裂が入っており、そこから、
じわっと水が染み出していたと推定。

では、なぜ、その様な亀裂ができたのか?

マンション販売会社とメーカーの見解は
「施工時に傷を付けたのではないか?」
というもの。

ただ、当時の施工=下請け会社を調べたが
既に廃業しており、当時の施工内容を確認
することはできないとのこと。

他の部屋では、同じような漏水が起きて
いないので、今回の接手の交換で大丈夫
だろうという報告でした。

しかし、傷発生の原因を考えると、
「取付け時に傷がついた」以外に、
1、 製造時に傷を付けた
2、 出荷時に傷をつけた
3、 配送時に傷を付けた
4、 取付け時の水圧検査が不十分だった
も考えられます。

そこで、次のように組合にアドバイスしました。

・他の部屋に漏水被害はないが、実際は
床下は漏れていて、単に、下の階に達して
いない可能性はある。

・施工時のミスと推定しているが、
メーカーに、当時、リコール的なものは
なかったのか、確認すべき。

・この製品が取付けられた他のマンション
で漏水がないか確認すべき。

・梱包のサンプルがあれば、取り寄せるべき。

・水圧検査の記録を確認すべき。

それから、約1か月。
これらに対する回答は、いずれも、
いわゆる「シロ」

その結果、消去法で、
「原因は、施工時のミス」の可能性が
高いということは納得。

また、劣化が原因ではないことだけは明白
なので、漏水した住居の補修は、マンショ
ン販売会社の負担と決まりました。

ただし、販売会社は、その様な施工ミス
は、レアケース中のレアケースで、他には
考えられないという主張。

しかし、私の見解は、
工事側が、技術的・経験則的にそうだと
言っても、あくまで推定の世界。

実際に、被害にあった組合側の不安は、
その回答では、解消できないですよ!と
押し返す…。

住民の心配を100%取り除くには、
全戸調査が必要だと、申し入れました。

これに対して、販売会社は、
原因の推定は、かなり精度の高いものだし
同じ職人が施工した他のマンションで、
同じことが起きていないのだから、全数の
調査は、過大だという見解でした。

確かに、「レアケース」という事実又は
評価は、間違っていないと思います。

しかし、
それを「起こした側」と
「起こされた側」とでは、
受け止め方が違います。

起こした側は、
「レアケースだから、他にはない」

起こされた側は、
「でも、それが起きた以上、他に起こるかも!と心配」

そこで、最終的にアドバイスしたのは、
全体の2割程度のサンプル調査を行い、
その結果、怪しい事象が見つかったら、
全数調査を行うというアイディア。

調査費は、販売会社側の負担が条件です。

また、販売会社側に調査を任せ、その報告
を受けるだけでは、客観性に欠ける、
あるいは「怪しい事象」が見逃される
可能性もあるため、当社が調査に立ち会う
ことも条件。

今回の事象は、
いつから漏水が起きていたかは、不明で、
不具合発見時点では、アフター保証期限を
過ぎています。

となれば、組側が主張できるのは、
「新築時の施工不良=不法行為に基づく損害賠償」
となり、法的に言えば、その証明は、
組合側に負わされます。

従って、組合の負担を最小限にして、
組合の利益を守るには、
「真っ当な主張」
「事業者側主張への理解」
「徹底的に追及する強い姿勢」
が必要となります。

非常に難しいのは承知ですが、
今回のケースでも、問題解決まで、
しっかりと組合を支えて行こうと
思います。

(おしらせ)
1、大規模修繕工事見学会
11月10日(土)
岐阜市茜部50戸のマンション

詳細な案内・申し込みは、こちら

2、2018年秋・冬の
「1日で分かるマンション管理・大規模修繕・省エネ成功セミナー」

下記8会場で開催です。
11月3日(土)9:30金山
11月18日(日)13:30千種
11月23日(金・祝)9:30長野
同上 14:00松本
12月5日(土)14:00豊明
12月9日(日)13:30岐阜
12月15日(土)14:00吹上
12月16日(日)13:30名古屋

詳細な案内・申し込みは、こちら

1度参加された方も、新ネタがありますし
今度は、同じマンションの人を誘って、
ぜひ、お越しくださいね!

■バックナンバーは、こちらからどうぞ


□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事 マンション管理士 馬渕裕嘉志
□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ

【ブログ4152日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)


熱心に、管理組合活動を支える人の中に、時々、「管理会社に任せると、いつも割高な工事見積りが出てくるから、自分で、見積りを取る」という人がいます。

気持ちは素晴らしいし、管理会社へのけん制にもなりますから、悪いことではないと思います。

ただし、多くの場合、その分野の専門知識も経験もないため、「複数の見積りを取れば、内容はわかってくるし、競争で価格も安くなる」と考える人がいます。

これ、かなり危ないです。

専門でない人が、いくら複数の見積りを取っても、材料の選択、工法、工事品質、安全管理、住民調整、保証まで、「工事の準備時点から、完了後のアフターまで」を見通して、価格と価値を正しく比較することは、かなり、困難です。

自分のプライベートな話であれば、自己責任で済みますが、組合のお金=公金を使う話ですし、工事中の安全やアフターまで、一定の品質が必要です。

結局、「何となく、同じに見える状態」で比較すると、最後は「安さ」で選ぶことになり、後になってみて、「安かろう、悪かろう」だったと後悔することになりかねないですね。

そうなると、選択当時は、「安くできた」とその努力に感謝された人が、「安易な選択で組合に迷惑をかけた」と非難されることになり、お気の毒としか言いようがありません。

住民自ら知恵をつけて、自主性を高めることは、大いにチャレンジして欲しいですが、トライされるのであれば、それなりの覚悟で、きちんと勉強するとともに、相談できる専門家を持つことが大切でしょう。

【ブログ4151日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

夏から始めたボイストレーニング10回コースが、後半戦になってきました。

講演で熱が入ると、段々と声が枯れたり、講演が連続すると、声が枯れたり…を解消するために、マンツーマンレッスンを受けています。

コアポイントを言うと、声を出すときに、そもそも、喉を使わないこと。
イメージとしては、裏声。

裏声を普通の高さで話す。

声を届かせるには、「大きな声」ではなく「強い声」

先生の声を聴いて、自分で真似して、うまくいくと、違いが判ります。
マンション管理学校での4講座も、そこそこ上手くいきました。

昨日は、話し方の癖の改善レッスン。
話すスピード、間等の話術は、グッドとの評価をいただきましたが、どうやら、話すときに首をかしげる癖があるとのことで、それが喉を傷めやすい要因になるようです。

11月からのMAKSセミナー8会場では、午前・午後のダブルヘッダーもあります。
ここで、改善した姿を見せられるよう、精進します。

【ブログ4150日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今、大規模修繕工事は3か所で実施中で、毎週、定例会議があります。
会議だけのことは珍しく、ほとんどが何らかの検査をしています。

その実例をフェイスブックで、ほぼリアルタイムで公開しています。

塗装の塗布量検査

鉄部の塗膜検査

毎日、ブログを更新していますが、フェイスブックの方が、更新は頻繁です。
ぜひ、友達申請をお願いします。

【ブログ4149日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日、この違いを書いたら、制振と免震の違いをさらに詳しく、でも簡単に教えてくださいと、無茶ぶりな(笑)質問がありました。

漢字のごとく、
揺れを制する=揺れを軽減するのが制振。
建物は基礎の上にあり、ダンバーで建物の揺れを軽減するのが代表的な方法。

揺れを免れる=揺れを伝えないのが免震。
建物と基礎は分離され、間に免振ゴムがあるのが代表的な方法。

これで、わかりますかね?

【ブログ4148日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

悲しいことに、また建築偽装の問題が出ました。
今回は、免振・制震用ダンパーの偽装。

しかも、国内トップメーカーです。

で、「耐震、免振、制震の違いって何?」と聞かれたので、素人でも、わかりやすく、簡単に解説します。

建物の強度を強固にしたり、スリットを入れて、震度7程度の地震がきても倒壊しないレベルまでにすること。これが耐震です。

しかし、建物は倒壊しなくても、建物自体は大きく揺れますから、家具などが転倒して、住んでいる人にとっては、必ずしも安全ではないですよね。

そこで開発されたのが、「免震」「制振」という考え方です。

「免震」の手法の一般的なものは、基礎と建物の間に免震ゴムなどを装着し、建物に地震の揺れを伝えにくくするものをいいます。

「制振」の手法の一般的なものは、外壁に制振ダンパーを装着し、地震の揺れを軽減させるものを言います。

ざっくり、わかりましたか?

【ブログ4147日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

最近、管理組合から「管理会社からの撤退の通告」の相談が続いています。

顧問先マンションから2件、新規の相談が2件。

顧問先マンションは、以前、管理適正化コンサルティングを実施し、その結果、管理会社が変わらなかったマンションと変わったマンションが一つずつ。

どちらも、管理会社の事業方針で、不採算エリアからの撤退と退職者に伴う管理物件の縮小。

新しく相談があったのは、どちらも、管理会社の事業縮小で、他社に業務を委譲する話があったもので、その提案に不安を覚えた組合から、「自分たちで探したいが、どう探せば良いかわからない。適切に選ぶにはどうしたら良いか?」について、専門家の力を借りたいというリクエストです。

ただし、その解約通告から実際の解約までの必要期間について、誤解している組合もあります。
理由は、管理委託契約の条文に、「契約解除の場合は、3カ月前までの通告」と書いてあるからです。

だから、組合側も、専門家に頼めば、3カ月もあれば、移行できると考える人が多いようです。

しかし、それは無理です。

この3カ月の通告期間は、新しい管理会社が決まってから、業務の引継に3カ月かかるという意味と理解するのが適切です。

では、新たに会社を決めるまでにどれくらいかかるか?

順にさかのぼっていきますと、まず、新管理会社を決める総会、その前に理事会となれば、開催日の調整→開催通知→開催で、1カ月は必要です。

1社に絞り込むのは、書面審査だけでは無理でしょうから、プレゼン審査も必要です。従って、書類審査のための準備→書類審査で絞込→プレゼン審査で1カ月は必要です。

書類審査の準備の前に、入札会社の選定、入札依頼、入札資料作成、現地調査が必要で、それに、2ヵ月はかかるでしょう。

これに引継ぎ期間が3カ月ですから、通算で7カ月かかります。

また、これができるのは、現行の管理委託契約や業務仕様書が適切な場合です。

既に、一度、管理適正化コンサルティングを行い、組合にとって不利ではなく、かつ、適切なボリューム・内容で、会社や担当者によって品質がばらつかないような詳細な仕様書が作成できているのであれば、すぐに入札に入れますが、新規依頼先のマンションは、この作成に3~5カ月はかかります。

つまり、組合にとって、最適な管理会社を見つけるには、最短で10~12カ月程度は、必要になります。

そのため、早々に契約終了したいとの申し入れがある現行の管理会社に対しては、業務期間の延長を依頼することになります。

現行の管理会社から、契約解除の打診があったら、契約書の3カ月前予告の条文に惑わされず、早めに専門家に相談してくださいね。

【ブログ4146日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)


昨日、メルマガで「活躍できるマンション管理士になるため基礎講座」「活躍できるマンション管理士 養成塾」の案内をしました。

その中で、今年の6月に行われたマンション管理士対象のアンケート調査結果から、実際のビジネス状況を類推しました。

ところが、最初のメルマガで、とんでもない間違い!(;^_^A

全国のマンション管理士約2万名のうち、有効回答数が5600名程度で、その5.4%が「専業」という結果が出ているのですが、その計算を間違え、54%の約3000名と記載。

それでも、国内のマンション数から言って、全く足りない!と書きました。

で、これが大きな間違い。
5600名を2万名に置き換えると、専業者は1000名と推定できます。

結果、ますます少ない&足りないことになります。
一方、その中身を見ると、専業者のうち約70%が60歳以上。

現役バリバリの人が独立開業して、管理会社との委託契約の適正化や大規模修繕工事コンサルティグを行うタフな仕事に就く人は少なく、60歳以降で、長年の経験を活かして、管理組合の問題を解決していくスタイルが多いのだろうと思います。

中部エリアだと、当社へのコンサルティング依頼の際に、他社と比べられるケースもあり得るのですが、実際に、他のマンション管理士と競合になるのは、ほとんどないので、統計から推定できる専業者に比べて、ビジネスとして確立できている人は、少ないのだろうと思います。

とにかく、マンション管理士としてバリバリ仕事ができる人が増えることで、「マンション管理組合は、マンション管理士と顧問・コンサルティング契約を結ぶのが当たり前」な世の中を作るのが、私の一つの目標です。

【ブログ4145日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.149

■私の好きな言葉■ 
未来は,努力の中にいる

こんにちは。

「マンション管理士」試験の合格率は、
7~9%程度。

受験資格を問わないため、
十分な勉強をしていない人でも受験する
可能性があるとは言え、簡単に合格しない
資格であることは間違いないです。

しかし、平成13年の資格発足以来、
全国で約2万名の資格取得者がいると
言われていますが、独立開業している人は
多くありません。

平成30年6月に、
(公財)マンショ管理センターが全国の
マンション管理士を対象に行ったアンケ
ートによれば、回答者5,562人
のうち、専業者は5.4%=300人。

これを2万人に置き換えると、1000人程度。

そのうち、70%が60歳以上ですから、
いわゆる「独立開業者」と言えるのは、
300名程度でしょう。

また、その地域分布は、
関東が51.4%、
近畿が18.5%、
中部は8.8%。

つまり、中部エリアでは、26名程度の
独立開業者がいることになりますが、
私の感覚的には、もっと少ない…。


では、この専業者の数で、足りているのか?

私は、圧倒的に足りないと思います。

なぜなら、国内のマンション数は、恐らく
10万棟以上。

一人のマンション管理士が、顧問業務の
できる組合数は、20棟1000戸位が
目安でしょうから、5000人の
専業者が必要です。

これに対して、現状は、専業者数が
1000人(私の実感的には、その半分
以下)ですからね。

このような状況になっている原因として
よく言われるのは、マンション管理士に
独占業務がないこと。

独占業務とは、例えば、不動産取引の重要
事項説明は、宅地建物取引士しかできない
し、裁判の弁護は弁護士しかできないと
いうことを指します。

しかし、他の士業で独占業務があっても、
活躍している人もいれば、鳴かず飛ばずの人もいます。

だから、独占業務の有無は、活躍の有無と
は関係ないです。

マンション管理士という職業で言えば、
資格勉強で習得する知識と、活躍するため
の知識には、かなりの違いがあります。

また、能力と言う点でも、
管理会社勤務の経験があれば、
出来るのか?と言うと、
「ないより、あった方が良い」
とは言えますが、
管理委託業務の実務を体験していること
とコンサルタント能力とは別物です。

例えれば、
イタリアンレストランで、シェフとして
優秀で、お客が沢山来たからと言って、
他のイタリアンレストランの経営アドバ
イスができるわけではないと言うことです。

美味しい料理を作れなくても、
美味しい料理とは何か?を知っていれば
十分。

それより、
「経営コンサルタント」的な問題
解決力や課題設定力が必要です。

そういった能力には自信がある!という
人なら大丈夫か?と言えば、それだけでは
足りません。

それとは別に、
顧客を獲得するマーケッティング力や
契約クロージング力も必要です。

だって、マンション管理士の看板を掲げて
待っていれば、顧客が尋ねてくる
「独占業務」がないわけですからね。

そして何より大切なのは、
「この仕事が好きだ!」
「顧客の幸せに貢献したい!」
「正義と誇りを持った仕事をしたい!」
という情熱や使命感です。

テクニックより、
この「姿勢」や「想い」の方が、
マンション管理士としての成功の成否
に大きく影響すると思います。

従って、「マンション管理士」の資格は
大切だけれど、管理組合を支援する力を
持つ人材を総称して、当社では
「マンション管理コンサルタント」
と呼び、その養成塾(座学14回、同行
研修最大80時間)を毎年、開いています。

この養成塾を修了すると、
「一般社団法人認定マンション管理コンサルタント」
として、認定されます。

今回、その基礎編及び説明会として、
「活躍できるマンション管理士になるための基礎講座」
を、次の通り開催します。

マンション管理士の資格を、これから
取得にトライする人でも、受講できます。

平成30年11月10日(土)
講演:19:00~21:00
懇親会:21:00~22:00
会場は:名古屋駅又は栄駅周辺
定員:限定10名
受講料:10,000円(税込み)
(第2部での軽食・飲み物付き)

マンション管理コンサルタントとして、
本格的に活動している先輩も来てくれ、
講座後の懇親会に参加してくれます。

興味のある方は、是非、お越しください。

案内はこちら↓
活躍できるマンション管理士になるための基礎講座

【お知らせ】
今年の秋・冬の
「1日で分かるマンション管理・大規模修繕・省エネ成功セミナー」
の日程決まりました

下記8会場で開催です。
11月3日(土)9:30金山
11月18日(日)13:30千種
11月23日(金・祝)9:30長野
同上 14:00松本
12月5日(土)14:00豊明
12月9日(日)13:30岐阜
12月15日(土)14:00吹上
12月16日(日)13:30名古屋

詳細な案内・申し込みは、こちら

1度参加された方も、新ネタがありますし
今度は、同じマンションの人を誘って、
ぜひ、お越しくださいね!

■バックナンバーは、こちらからどうぞ

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事 マンション管理士 馬渕裕嘉志

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ

【ブログ4144日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

最近、築年数の浅いマンションからの「管理適正化コンサルティグ」が多くなっています。

共通しているのは、遠隔監視(機械監視業)の契約の複雑化です。

自動ドアの開閉と連動していたり、エレベーターの保守とセットになっているとか、契約解除条件が常識とかけ離れているとか、管理委託契約と抱き合わせになっているとか、とにかく、契約解除されないように、複雑化しているのです。

事業者としては、管理組合との契約を続けるために、契約解除されない条件を盛りこむのは、利益確保のための当たり前の開発行為だったり、ビジネス活動であると言いたいと思います。

しかし、新築時は、管理組合側は、まったくの素人で、初代理事長は、ディベロッパーや管理会社が結んでいる各種の契約を継承するための書類に次々に押印するという状態です。

その時、契約が管理組合側に不利になっていないかをチェックするなんて、考えもつきません。

いささか辛辣な表現ですが、事業者側は、そんな状態に付け込んで、自社側有利な契約にしているのでは?と思えるようなケースも散見されます。

その事業者の狙いの裏をかく道を見つけ出し、形勢を逆転させ、組合の利益を守るのは、かなり苦労します。

で、その戦術を思いつき、実行していくのは、マンション管理士の知識やスキルとは、まったく関係ないんです。(苦笑)
契約書の知識・ITの知識・セキュリティの知識・独禁法の知識・大企業との交渉ノウハウ等、相当に広い分野の知識やスキルが必要です。
しかも、一つ一つの難問を解くのに、多くの時間も手間もかかります。

ただ、この難問が解けると、そのマンションにとっては、品質の良い管理が低コストで実現でき、しかも、選択肢が拡がります。

マンション管理組合や住民の利益を守るために生まれたのがマンション管理士ですが、「管理規約の改正をサポートしますよ」的な感覚の専門性だけでは、最近のマンションを救うことは、できないと痛感します。

「活躍できるマンション管理士」をもっと養成ねば!と強く思います。

【ブログ4142日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

分譲マンションの話ではありませんが、「台風被害で、家屋に被害が出たように装い、保険金が出ますから、直しましょう、と持ちかけ、リフォームを行い、その代金をもらう。しかし、保険は下りない。」という詐欺被害が増えているようです。

その注意チラシがこちら。
台風被害1 台風被害2

加えて、

こう言う業者は、契約書などは作らず、口頭で受注する。
証拠が残らないから、保険がおりなくても訴えることもできない。

高齢者が狙われるのでしょう。

このような手口が増えて、保険会社側も審査が慎重になり、本当に台風被害で困っている人に迷惑がかかることになれば、それも、2次被害です。

【ブログ4142日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

本日のブログの更新で、4141日。
ゴロ合わせで、「ヨイヨイ」(笑)

「どうしたら、毎日、ブログを更新できるのか?」は、よく聞かれます。

答えは、とてもシンプルで2ステップ。
1、「毎日書く」と決める。
2、毎日書く。
これ以外には、ありませんし、特別な能力もセンスも不要なので、誰でもやろうと思えばできます。

ただ、「やろうと思えばできる」と言われても、「できないから聞いているんですよ!」と怒られそうです。(笑)

そんな問いに回答するのであれば、
「本気だからできる、できないのは、本気じゃないから」

ブログは、誰が読んでいるのかは、わかりません。
書いたからと言って、それが仕事につながるかどうかもわかりません。

ライフワークとして、マンション管理士を選び、ブログでの情報発信で、誰かの役に立てば、幸せなので、ブログを毎日書くと決めた。

その想いが変わらないので、毎日ブログを更新し、気が付いたら4141日続いた…という訳です。

いつも読んでいただいている皆さん、ありがとうございます。

【ブログ4141日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

私の自宅のすぐ近くに住んでおられて、私が尊敬する経営コンサルタントの「V字経営研究所 代表 酒井英之」さんのメルマガは、欠かさず読んでいます。

今回のタイトルは、
『心が折れそうなときに自分をモチベートする方法』
以下、引用です。

中小企業の社長からこんな相談を受けました。

「部下のモチベーションの上げ方はわかりましたが、
今の自分の課題は私自身です。
社長業やっていて心が折れそうになる事があるのですが、
どうやって自分のモチベーションを維持したらいいのでしょう」

お話を聴きながら、私は以前出合った起業家との
パーティ会場での会話を思い出していました。

「自分はいくつもの事業を起ち上げてきました。
成功した事業もあれば失敗して撤退した事業もあります。
振り返ってみると、成功した事業と失敗した事業には、
明確な違いがあることに気づきました。
先生、何だと思います?」

彼は高齢社会の到来を見越して2000年に
地方で葬祭業を起ち上げ、
現在はいくつもの家族葬の葬祭場を経営しています。

葬祭業を軌道に乗せた彼は、
次にレストランウエディング業に乗り出します。
こちらも地元の若者に支持されて大変繁盛しています。

その共通点について、彼はこう続けました。
「その違いは、自利か利他の違いです。
自分のことだけを考えて、
自分が儲けようと思ってやった事業は全部失敗しました。
が、利他の気持ちで『この地域の皆さんを何とかしたい』と
思った事業は全部成功しているのです」。

「例えばレストランウエディングを
思い立ったきっかけは社員の結婚式でした。
街一番の式場でしたのでどんな料理が出るか
楽しみにしていたのですが、
出てきたカニがこんなにも小さいのです
(といって彼は手でカニの大きさを再現)。

それを見てガッカリしまして、
一生に一度の晴れ舞台の料理がこれじゃあ
この街の人たちがみんなかわいそうだ。
だから自分は何とかしようと思い、
自分でレストランウエディングをやると決めたんです」

動機がカニのサイズとは驚きましたが、
彼はそれだけこの街を愛しているのです。

「何のため、誰のため」という目的の有無は、
事業の成否を決定的に分けます。
なぜなら、事業で苦しいときに
「それをするのは自分しかいない」と思えるからです。

社長は言い訳ができません。
社員の前で弱音を吐くこともできません。
重圧で心が折れそうになる事もしばしばです。

そんなとき、社長が自分をモチベートする方法は、
「このビジョンの実現を待っている人がいる」と
信じることです。
使命感が、絶望からあなたを救います。

会社は天からの預かった社会の公器です。
創業者でも後継者でも、
その預かりものを使って、社会をより良くし、
いずれ次の代に預けていく役目を担っています。

あなたの会社は、他にはない特別な会社です。
それを担うのはあなたしかいないのです。




このメルマガに共感するのは、私自身が「心が折れそうになったことがある」からではありません。

だって、心が折れそうになったことは、10年以上ないから(笑)

共感したのは、次の3点。

「このビジョンの実現を待っている人がいる」

「その預かりものを使って、社会をより良くし、
いずれ次の代に預けていく役目を担っています。」

「あなたの会社は、他にはない特別な会社です。
それを担うのはあなたしかいない。」

この三つは、当社のポリシーとして確立され、私は、常にそれを意識して働いています。

「だから、私の心が折れないんだ!」と共感した訳です(笑)

【ブログ4140日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.148

■私の好きな言葉■ 
道は無数にある。自分の道を行く

こんにちは。

今年のマンション管理フェアinあいち
が終わりました。

昨年に比べると、来場者が少なかったようです。

毎年、平日であっても、私が登壇する講座
は、ほぼ満席状態でしたが、今年は、初日、2日目ともに、6~7割。

どうなるのかな?
と心配していたのですが、最終日は、
満席+立ち見状態となりました。

そのタイトルは、
~国交省の注意喚起から1年半、実態は変わったのか?~
「大規模修繕工事の不適切ビジネス
の実態と騙されない対処法」

昨年、この問題を提起し、それから1年半
で、業界は、変わったのか?をテーマに、
話をしました。

この講義に当たっては、
「身内の告発」として、話題になった
建築士の団体で、東京に本部のある
「一般社団法人マンションリフォーム技術協会」
にまで、取材に行ってきました。

1年半前、この団体が指摘したのは、
最初から、工事会社からのリベートを
前提に、大規模修繕コンサルティング料金
を通常の2/3~半額近くの水準で提示
し、コンサルティング契約を取る設計事務
所がかなりいるという実態。

その結果、下記の7つの弊害が生まれると
指摘しています。

弊害1.割高な工事費
弊害2.過剰な工事内容
弊害3.不明朗な工事発注
弊害4.甘い工事監理
弊害5.不適切コンサルタント
     の拡大再生産
弊害6.真面目なコンサル
     タントの減少
弊害7.業界全体の信用が
     失われる

今回、話を聞いたのは、元会長と現会長。

この団体の告発以降、1年半で、新聞や
雑誌などにこの問題が取り上げられたの
は20回以上です。

しかし、マンション住民には、ほとんど届いていない…。

「不適切なコンサルタントは、減ったのか?」
という質問に対しては、

「減っていない。工事会社側は、
『不適切コンサルとは付き合わない宣言』
をしたところもある。

ここ1年で、不適切コンサルと契約したが
発覚して、当方(会長の設計事務所)
と契約し直した組合も4例ある。」

「手口は変わったか?」
の質問に対しては、
「新手法が登場。例えば、コンサル会社
選びのコンサルタントが登場。
会社規模・実績数・建築士の在籍数などの
条件を提示し、不適切コンサルを選ばせる。

選んでしまったら、談合を見抜くのは、
かなり難しい。」

では、どれくらい不適切なコンサル
タントが存在しているのでしょうか?

それに対する回答は、
「首都圏のコンサルは、120社前後あり
その半数以上が不適切な行為を行っていると言われている。

不適切コンサルに仕事をとられてしまい
仕方なく不適切な行為に走っている会社
が増えているので、人によっては7割近く
不適切なコンサルがいるのではないかと
も言われている。」

では、ここ中部エリアではどうでしょうか?

大規模修繕工事を手掛ける建設会社6社に、聞いた結果は…

Qリベート・談合はなくなったか?
なくなった…0社/6社
ある…6社/6社

Qリベート・談合は、減ったか?
減らない…5社/6社
減った…1社/6社(▲10%)

Q手口は変わったか?
変わらない…2社/6社
変わった…4社/6社(より闇に潜った)

中部エリアでも、設計事務所・管理会社に
よる「大規模修繕の闇ビジネス」は、大き
くは変わってないようです。

もちろん、まじめなコンサルタントも、
ちゃんといます。

では、どうしたら、
「不適切なコンサルタント」
を選ばなくて済むのか?

私自身は、その社名も、闇に潜った手法も
知っていますが、それを公開すると、更に
闇に潜った手法が出てきますので、ブログ
やメルマガでは書けません。

まずは、マンション管理組合の啓蒙が大切
と考え、セミナーや勉強会を引き続き開催
して行きます。

今年の秋・冬の
「1日で分かるマンション管理・大規模修繕・省エネ成功セミナー」
の日程も決まりました

11月3日~12月16日
愛知・岐阜・長野の全8会場で開催です。

案内・申し込みは、こちらです。

1度参加された方も、新ネタがありますし
今度は、同じマンションの人を誘って、
ぜひ、お越しくださいね!

■バックナンバーは、こちらからどうぞ

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事 マンション管理士 馬渕裕嘉志
□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ

【ブログ4137日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

マンション管理学校の最終日は、2講座を担当しました。

一つ目が、
~国交省の注意喚起から1年半、実態は変わったのか?~
「大規模修繕工事の不適切ビジネスの実態と騙されない対処法」

2017年の1月に国土交通省から、この問題の通達が出されてから1年半。
この期間に、マスコミに取り上げられたのは20回以上。

かつてないほど、この問題が取り上げられたはずですが、過去1年半で、私のセミナーや組合向け勉強会に参加したのは数百名のうち、この問題を知っていた人は、ほとんどいません。

何度も、啓蒙を図る必要がある重要テーマです。
講義の参加者は、昨年同様、満席+立ち見。
3日目大規模修繕

一般の方々に加えて、「いったい、どこまで話すのだろう!」と心配している(?)業者の参加も少なくないようでした。

この話は、奥が深く、「裏の裏」があって、全部話すと、とても30分では足りませんし、すべてを公開すると、さらにその裏を潜る手法が出てくると困るので、講義を作るのは、かなり大変でした。

講座後のアンケートを見ると、大規模修繕工事を控えた組合員からは、「初めて知った。聞いて良かった。しっかり勉強したい」という内容の感想をいくつもいただきました。

引き続き、この問題は、発信していきますからね。

【ブログ4136日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

吹上ホールで開催中の「マンション管理学校」。
昨日の私の講義は、

成功事例から学ぶ「管理の改善」
~管理品質をアップして、コストダウンを実現する5つのステップ~

マンション管理学校

今年は、現行の管理の調査と分析、それに基づく管理会社とのきめ細かな交渉により、40戸クラスのマンションで、管理会社を変えなくても、年間170万円ものコスト削減ができた事例を紹介しました。

これ、自主管理マンションでも、かなり役立つノウハウです。

ただ、例年に比べると、昨日に続いて、ちょっと参加人数が少ない…。
イベントそのものへの来場者も減っている様子です。

今日は、15:15~
~国交省の注意喚起から1年半、実態は変わったのか?~
「大規模修繕工事の不適切ビジネスの実態と
騙されない対処法」

16:00~
~300件のコンサルティング経験から教える~
「マンション管理士の仕事術」

お待ちしています。

【ブログ4135日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

成功事例から学ぶ「マンションの省エネ」
~電力自由化時代の賢い電気代削減手法~

今年は、LED化にするときに、単に消費電力が下がることを考えるだけじゃなく、電気契約も見直すことや夜中に半分消灯する照明に関する調査・検討について、相当マニアックな内容を公開しました。

ただ、例年に比べると、ちょっと参加人数が少ない…。
満席とは行かなくて、寂しかったかも。
フェア1日目


でも、もちろん、全力でお話ししましたよ。


ブースでは、棚橋、黒野、長町、倉橋、平山、倉持コンサルタントが相談に応じました。
フェア1日目2

こうして、他のコンサルタントに任せることができるので、私は、講義に集中できることがありがたいです。

今日は、15:30~
「成功事例から学ぶ管理の改善」
管理品質を上げて、管理コストを下げるための5つのステップについて、お話します。

【ブログ4135日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

本日から、マンション管理フェアです。
一般社団法人マンション管理相談センターのブースには、常時3名以上のコンサルタントが、相談に応じられる体制です。

私の講演のレジュメは、今朝7時に完成!
成功事例から学ぶ「マンションの省エネ」
~電力自由化時代の賢い電気代削減手法~
16時から開始です。

7年連続で、同じテーマで登壇しているのですが、今年も、「目からウロコ」「そこまでやっちゃうの?」という新ネタを用意しました。

聞かれた方は、「そんなマル秘ノウハウを公開していいの?」と思われるかもしれませんが、「なるほど!と思っても、真似できない」マニアックな思想・手法ですから、いいんです!(笑)

【ブログ4134日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

明日から、マンション管理フェアです。
ブースは、一般社団法人マンション管理相談センターの長尾事務局長と、棚橋コンサルタント、黒野コンサルタント、倉橋コンサルタントが準備万端の状態にしてくれました。
準備1
準備4
準備3
準備2

一方、私の講演のレジュメは、毎年のことながら、ギリギリの作成です。
ある意味、「現役バリバリ」の業務状態ですし、それに加えて、各コンサルタントからの相談も入るので、時間はどんどん過ぎていく…。

昨年と同じような内容では、毎年、来てくださる人もいるので、期待に答えたいし、新ネタも提供したいし、何より、自分自身も納得が行かない。

で、恐らく、長短時間睡眠で、この3日間を過ごします。
これも毎年のことですね(笑)

【ブログ4134日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

10月11日(木)~13日(土)に、名古屋吹上ホールで、マンション管理フェアが始まります。
恒例のマンション管理学校も開催され、今年も4講座に登壇します。
マンション管理フェア 
マンション管理学校

当社のブースも出展し、相談を受け付けています。

お待ちしています。

10月11日(木)
15:30~16:00
成功事例から学ぶ「マンションの省エネ」
~電力自由化時代の賢い電気代削減手法~

10月12日(金)
15:30~16:00
成功事例から学ぶ「マンション管理の改善」
~管理品質をアップしてコストダウンを実現する5つのステップ~

10月13日(土)
15:15~15:45
~国交省の注意喚起から1年半、実態は変わったのか?~
「大規模修繕工事の不適切ビジネスの実態と騙されない対処法」

16:00~16:45
~300件のコンサルティング経験から教える~
「マンション管理士の仕事術」

【ブログ4133日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

週末のマンション管理学校で、大規模修繕工事の「不適切コンサル問題」について、昨年に引き続き、講演を行います。

そこで、東京でこの問題に最も熱心に取り組んでいる二つの団体のトップに、話を聞いてきました。

三連休の最終日に東京に入り、泊まり、朝早くからの取材で、昼には名古屋に戻るハードなスケジュールです。これ、マンション管理フェアの事務局から、交通費も宿泊費も出ません。私自身の純粋な正義心と真実を組合の皆さんに伝えたいという想いからです。

その結果は、予想通り「従来と変わっていない。むしろ、巧妙化して、ますます、組合には、わかりにくくなり、不適切コンサルが選ばれている」状態が続いている。

うーん、これはいかん!と思いつつ、その手口を公開したら、また、新しい手口を考え、さらに巧妙化するかも…と考えると、どこまで話せばよいのか、迷います。

週末のマンション管理学校に向けて、練ります!

【ブログ4132日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

少し前から、ブログをアップすると、その時は、普通の黒字なのに、翌日に見ると、赤字になっています。

以前のブログを見ると、赤字の日と黒字の日があります。

ブログには、色を変えたり、リンクを貼る「タグ」があるので、それが影響しているのかな?と思い、確認しても、赤字と黒字の日で、違いがありません。

とにかく、アップした時には黒字なのに、翌日になると赤字になるのですから、私の入力の問題と言うより、サイトのプログラムの問題?

ブログサイトのトラブルシューティングを探しても、そのような不具合があるとは書いていない…
うーーん、わからない(;^_^A

【ブログ4131日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.146

■私の好きな言葉■ 
言葉一つ、表情一つが結果を変える

こんにちは。

愛知県内最大規模の住宅総合イベント
あいち住まいるフェア2018で、
今年も、マンション管理フェアinあいち
が開催されます。

開催日は、
10月11日(木)~13日(土)
場所は、吹上ホールです。
 
このフェアは、今年で7回目ですが、
最初に、このイベント事務局にマンション
管理をテーマにした特設コーナーを作っ
てはどうか?と企画を持ち込んだのは、
実は、私なんです。

それ以来、毎年、7月ごろに、事務局
が当社に来られ、企画アイデアを提供
しています。

こう言ったフェアに来られる住民は、
勉強熱心な方が多いから、沢山の講座開催
が良いですよ!と初回に提案して以降、
このイベントの人気企画が、
「マンション管理学校」

毎年、講師として3~4講座を担当して
おり、今年も4講座を担当します。

その内容は、

10月11日(木)
15:30~16:00
成功事例から学ぶ「マンションの省エネ」
~電力自由化時代の賢い電気代削減手法~

10月12日(金)
15:30~16:00
成功事例から学ぶ「マンション管理の改善」
~管理品質をアップしてコストダウンを実現する5つのステップ~

10月13日(土)
15:15~15:45
~国交省の注意喚起から1年半、実態は変わったのか?~
「大規模修繕工事の不適切ビジネス
の実態と騙されない対処法」

16:00~16:45
~300件のコンサルティング経験から教える~
「マンション管理士の仕事術」

一昨年まで、大規模修繕工事については
「成功させる方法」と表現し、その中に、
組合が騙されかけた手口を紹介していました。

それを昨年、
「大規模修繕工事の不適切ビジネスの実態と騙されない対処法」
とし、ずばり、業界の暗部を指摘。

満席+立ち見の講座となり、
マンション住民だけでなく、
「一体、どこまでバラすんだ?」
と心配する(?)業界人も、多数、
聞きに来ていました。

その後、この問題は、各種のマスコミで
取り上げられ、業界内に、浄化の動きも
見られるようになりましたが、不適切ビジ
ネスは、なくなったのかどうか?と言えば
そうではありません。

逆に、巧妙になり、深く潜っている実態を
お話しします。

このフェアは、入場無料で、講義も予約
不要ですが、毎年、私の講義は、立ち見が
出ますので、時間より、早めにお越しに
なると良いですよ。

また、フェアには、当社の相談ブースも
あります。

こちらも、予約制ではありませんが、毎年
私の講義が終わると、相談者が押し寄せる
のが常なので、こちらは、講義の前後を避
けて、お越しいただくと良いと思います。

是非、会場で、お会いしましょう!

■バックナンバーは、こちらからどうぞ


□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事 マンション管理士 馬渕裕嘉志

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ

【ブログ4130日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今、「起業家向け肉体改造プログラム」の実行中です。

過去にも自己流で、ダイエットや筋トレ、ウオーキング等を行っていて、一時期は、睡眠時間を3時間程度にし、毎朝5時くらいに起きて、1時間近くのウオーキングを習慣化したこともありましたが、活躍できるマンション管理士養成塾を始めてからは、その1時間も削って、仕事をする状況になり、今に至っています。

ただ、大規模修繕工事の足場に登り、各戸のベランダの降り・乗り時に体が重いと感じることがしばしばで、やせなきゃ!という思いは強くありました。

で、偶然、フェイスブックの広告で、「起業家向け肉体改造プログラム」の記事を読み、「1日10分のトレーニング」「食事の改善と個別アドバイス」「時間が自由」を読み、これだ!と感じて、直ちに申し込み。

目標は、2ヵ月で10%のダイエット。

専用のHPで各種のメニューや注意点が示され、自分は、毎日、食事の写メを取り、体重や体脂肪率、筋トレのメニューをファイスブックグループに投稿します。
それに対して、インストラクターからアドバイスがあります。

1カ月過ぎたところで、約5%、3.5㎏落ちました。

正直、体が軽くなったことを実感しています。

今、ちょっと「踊り場状態」ですが、その理由は、毎日、夜19時~21時に組合の理事会などがあり、その寸前までタイトなスケジュールで、夕食を取ることができず、結果、夕食が22時過ぎになることだろうと推定。

その分、夜の筋トレを増やしたいのですが、自宅に帰っても、また、仕事をするので、ついつい、それを忘れてしまいます(笑)

でも、目標は、必ず達成します!

【ブログ4129日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

帝国リサーチが、全国の約500社の新電力事業者の動向を調べたところ、その7割が業務を行っていないとの結果。

鳴り物入りで始まった電力自由化ですが、「自由」のハードルは高いようです。

元電力会社社員の私としては、常に、相当高い「使命感」で仕事をしていたので、「電力事業は、そんなに甘くないよ」と言いたい気持ちと、マンションの共有部にぴったりの安い電力メニューが出て欲しいという期待感とが入り混じって、微妙です(笑)

【ブログ4128日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

厚生労働省が9月28日発表した2018年版「労働経済の分析」(労働経済白書)によると、非管理職の会社員の6割が管理職になりたくないと考えていることが、わかったそうです。

調査対象は、役職に就いていない社員。

彼らに、昇進への考えを調べたところ、「管理職以上に昇進したいとは思わない」が61・1%に上り、「管理職以上に昇進したい」は38・9%。

独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が、今年2~3月に正社員を対象に実施した調査(1万2355人が回答)を、厚労省が分析したのですが、その背景として、管理職の負担が増えていることがあげられています。

昇進を望まない理由(複数回答)では、
「責任が重くなる」が71・3%で最も多い。
「業務量が増え、長時間労働になる」が65・8%、
「現在の職務内容で働き続けたい」と「部下を管理・指導できる自信がない」が57・7%で続いています。

「責任が重くなる」のは、その分、権限が増え、やりたいことができる場面が増えます。
給与も増えますので、魅力のあることだと思うのですが…。

気になるのは、「部下を管理・指導できる自信がない」への恐れが大きいこと。

私が電力会社で新卒の採用を担当していた頃は、若者を「新人類」と呼んで、「何を考えているかわからない」「価値観が変わった」ことの対応を迫られていましたが、今の管理職は、その時以上に、若者への指導に戸惑いがあり、それを見ている若者が、「こんな管理職になりたい」と思える人がいないのかもしれません。

であれば、自分より、若い世代が、自分の部下になったときに、どう接したら良いのかわからないですよね。

集団で暮らすときには、リーダーが必要だと思うのですが、誰もリーダーになりたがらない社会は、どうなってしまうのか、それこそ、過去に経験がなく、想像できません。

「大人が、魅力あるリーダーになること」が、必要なのだろうと思いますが、「魅力あるリーダーとはどういうリーダーか?」から考えないとね。

今、福島正伸先生の「究極のリーダーシップ養成講座」の受講中なので、この問題に、敏感に反応した次第です。

【ブログ4127日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

以前、ブロック塀が倒れて、小学生が死亡するという痛ましい事故がありました。

実は、私の実家にも、ブロック塀があります。
築50年以上だと思いますが、今は、誰も住んでいません。

「取り壊せ」と指定される「特定空き家」までには至りませんが、リフォームしても、再び住むことは難しいだろうな・・・と思うほどの劣化状態です。

ブロック塀の高さは1200くらいなので、圧迫感はないですが、とにかく古いので、ちょっと心配。

今度、実家に戻った時に、点検しようと思っていたら、岐阜市から、「通学路にあるブロック塀を点検したので、その結果をお知らせします」と封書が届きました。
ブロック塀点検結果

点検結果は、全項目が〇で、異常なし。
良かった良かった…。

報告書には、7月から、古い塀の撤去費用の助成制度があり、通学路に面しているものであれば、最大で、撤去費の5分の4,50万円まで、助成金が支給されることも書いてありました。これは、31年度までの緊急措置。

多くの人にこの制度を知ってもらい、危ないブロック塀の撤去が進むことを願います。

【ブログ4126日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています