FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日の続きです。

40戸のマンションで、当方の説明を聞きにこられたのは12戸。

理事に加えて、管理検討委員会のメンバーも、1名欠席以外は参加でした。

2年前の調査時の写真と今回調査の写真を並べての比較で説明。
屋上床面で水がシートの下に浸水している状況は、実写動画で説明。

大規模修繕工事の時期が迫っていることは、よく理解いただけ、当社の「大規模修繕工事準備コンサルティング」から「大規模修繕工事コンサルティグ」への移行が承認されました。

また、今回の会合は、管理会社が変更してから、1年を迎え、その業務品質点検もテーマです。

当社が作成した評価シートを使って、項目別に点検。

結果、住民からの評価は、
・各種点検の予告や業者の対応は適切。
日常清掃は、まじめだけれど、状況に応じて重点的に実施することができてない様子。
植栽の仕上がりがイマイチ。
管理費滞納督促が、自動的に強くなるようプログラムにしてあるのですが、それを行わず、従前の一般的な「緩い督促」になっており、4カ月の滞納が生じている。

いずれも、管理会社に改善指導を行い、その結果を顧問がチェックします。

「管理適正化」は、こうした定期的なチェックによる定着ができて、初めて完成しますし、その後も継続的なチェックによる品質維持が大切です。

【ブログ4119日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています