FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

顧問先マンションから、台風被害の連絡が相次いでいます。

「壊れた」という話と「どうしたら良いか?」

まずは、写真。
次が、保険会社への申請。
修理の見積依頼。
応急措置の必要があれば、工事依頼。

基本、管理会社に依頼するのですが、これだけの被害だと、あちこちのマンションから、管理会社に依頼が来るので、担当者もお大忙しです。

保険会社に電話がつながらない状態ですから、管理会社も、大変でしょう。

保険の適用は、3年間の時効がありますから、多少、申告が遅れても大丈夫です。
マンション側の自衛としては、とにかく、写真を撮り、その日付を記録しておくこと。
それから、管理会社に連絡したから大丈夫!ではなく、しばらくしたら、「ちゃんと手続きは進んでるか?」を確認しましょう。
これだけの処理数の多さだと、管理会社のフロントが忘れるということもありますからね。

【ブログ4100日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています

←【人気ブログランキングに登録しています